2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

第2次スーパーロボット大戦α 57話

最終話「母なる星に抱かれて」は外敵から守るために地球を封印しようとするイルイ・ガンエデンとの戦い。
なんというか、このラスボス、ちょっと唐突なんですよねぇ。
もうちょっと前振りが欲しかったなぁ。クストースと戦うイベントとか。
さておき、必要もないのにオリジナルのクストース3機も撃破して、ガンエデンへのトドメは勿論アイビスで。
攻略本にはそうとうキツイみたいに書かれていたので、すごく慎重に完璧な援護陣形組んでから攻撃を始めたのですが、1ターンで余裕で倒せちゃってあらら?みたいな。
ともあれ、これにて終了です。

総計817ターン(そのうち半分以上は無限稼ぎに費やした)、撃墜数トップはアイビスでした。

第2次スーパーロボット大戦α 56話

56話「機械仕掛けの世界―後編―」はゾンダーとの最終決戦シナリオ。
最初の作戦目的が10ターン以内に機界四天王とドン・ザウサーを撃墜することなんですが、他の敵も全て殲滅して4ターンで達成。
覚醒、加速と全体攻撃を駆使すれば10ターンもかからないだろ常考。
熟練度獲得条件はEI-01撃墜前に他の敵を全滅させることで、いつもやってることなので以下略。
EI-01が出るとイベントでHP,ENが下がって精神コマンド使用不可になるのが2ターン続くので、その間何もせずに防御、回避に専念してるのがタルかったです ┐( ̄ヘ ̄)┌

さて次はいよいよラストマップだー。

第2次スーパーロボット大戦α 54,55話

54話「逆襲のシャア」はネオ・ジオンとの最終決戦シナリオ。
53話に続いて名立たるパイロット目白押しです。
といっても、宇宙マップだった53話ではα・アジールに乗っていたギュネイとクェスが地上マップなのでヤクト・ドーガに乗ってたり、オルファン落としに失敗したせいで人心が離れたのか兵力が少なかったりで、53話より全然楽でした。
むしろ、地上の海マップなので、空を飛べない小隊の移動に一苦労。
もう1,2ターン目は覚醒→加速→加速ですよ ( ̄▽ ̄)
熟練度獲得条件は7ターン以内にクリアで、6ターンで達成。
やろうと思えば5ターンでいけたんですが、会話イベントを見るためシャアとの戦いを2ターンに渡って繰り広げてました。
ていうか、最期だからかシャアと会話イベントがあるのが各作品の主人公クラス総勢24人もいて、これを12小隊に詰め込むのに苦労しましたよ。
で、落とさないようにわざわざ熱血、魂を入れずに攻撃してたんですが、それでも全員分見終わる前に落ちそうになっちゃって、最後はわざと必中入れずに攻撃して外したりしてました (^-^;

55話「機械仕掛けの世界―前編―」はメガノイドとの最終決戦シナリオ。
マップは54話と同じなのですが、ここでは出撃位置から敵のいるところまで海を通らずに行けたので助かりました。
熟練度獲得条件はドン・ザウサー撃墜前に他の敵を全滅させることで、いつもやってることなので普通に達成。

さて次の56話もまたこの海マップなので、小隊の編成をよく吟味しないと……

第2次スーパーロボット大戦α 53話

53話「人の心の光」は浮上したオルファン上でのリクレイマーとの最終決戦と、シャアがオルファン落としを決行するシナリオ。
リクレイマーとの決戦の後、シャア率いるネオ・ジオンとの総力戦なので、キビしいかなぁと思って前半は安易に熱血を使わずに援護攻撃を駆使するなどして極力SPを温存して戦ってたんですが、終わってみれば結構余裕で余っていたという (^-^;
熟練度獲得条件は5隻のムサカを全て撃墜するかナナイのレウルーラを撃墜するかシャアのサザビーを撃墜するかで、勿論ムサカ1隻とレウルーラだけ残して殲滅してからシャアを撃墜しましたよ。
これで、シャアの最期となる次のマップでシャアがナイチンゲールに乗ってきます (*^-^)
敵を強くするフラグってのも珍しいですよね。

第2次スーパーロボット大戦α 51,52話

51話「暗黒の支配者」はゼーラ星暗黒ホラー軍団との最終決戦シナリオ。
熟練度獲得条件は8ターン以内にクリアすることで、なんと4ターンで達成。
覚醒→魂のマップ兵器→期待でSP回復→覚醒→(以下繰り返し)をやりすぎた ( ̄▽ ̄)

52話「決着は人間の手で」は木星帝国軍との最終決戦シナリオ。
熟練度獲得条件は7体いる偽者のドゥガチを全て倒してから本物のドゥガチを倒すことなのですが、偽ドゥガチを3体倒すと本物が出現してそれから3ターン以内に本物のドゥガチを倒さないと敗北になるのですよ。
キビしいのかなぁと思ってたら、本物ドゥガチが出現したそのターンに偽者全部落として本物も撃墜できちゃいました ( ̄ー ̄)
覚醒→魂入れて攻撃→期待で(以下略)という戦法でたいていのことは乗り切れますね。
このシナリオクリアでハマーンとキュベレイ、バーンズとトトゥガが参入。
ハマーンはともかくバーンズは……トトゥガも援護防御の役にしか立たない機体だし、そもそも援護防御自体ほとんど使えないし……

第2次スーパーロボット大戦α 47~50話

第2次は第2次でも最近PSPで出た第2次Zじゃなくて、もうずいぶん前にPS2で出た第2次α(通称ニルファ)です (^-^;
何年前のゲームやってんだと友人たちにも呆れられましたよ。
どうもアニメのスパロボOGを観てたらスパロボやりたい熱が高まってきちゃって、昔途中で放置してたコレを引っ張り出してきました。
ていうか、だったらOGやれよと言われたのですが、バンプレオリジナルだけだとなんか寂しいというか。
やっぱり色んな作品のメカが一堂に会するのがスパロボだと思うのですよ。
そんなわけで今こんな古いゲームをやってるのは全国で神楽一人だと思うので進捗も書く気なかったんですが、あまりにblog放置しすぎるのもアレなので、書くことにしました。

あ、主人公はアイビス(リアル系女主人公)です。
アニメ版OGでは最初OPにもEDの水着祭りにも出してもらえなかった空気扱いの可哀想なアイビスたんです (;ω;)
やっぱり貧乳だからか? 揺れないからか?

さておき、前に47話「激突!ミケーネ帝国―後編―」まで終わらせてたんですが、48話冒頭で入るはずのスターガオガイガーへの換装パーツが入らなかったので、どうやらフラグ立てミスったらしいということでやり直しました。
ミケーネ帝国との最終決戦シナリオで二段マップでめんどくさいんですけど、背に腹は代えられません。
スターガオガイガーの換装パーツ取得条件は凱の地形適応をオールSにしておいてこのシナリオ中でガオガイガーのHPを500以下にすることなんですが、前はマップ1でコレをやったはずなので、今度はマップ2でしかもクリア時に500以下になっているように調整して、無事手に入りました。
前後しますが、熟練度獲得条件はマップ1で6ターン以内に敵を全滅のところ、4ターンで達成。
我が戦術脳は錆び付いてはいなかったようです。

48話「決戦への秒読み」はドクーガとの最終決戦シナリオ。
ここではクストース・ケレンが何度倒しても復活する上に敗北条件がミサイルのマップ端到達なので、ミサイルを囲ってしまえば無限稼ぎができるのですよ。
確か、できるからにはやんなきゃなぁでもめんどくさいなぁとか思ってるうちに放置しちゃったんだっけ、と思い出しながらプレイ。
熟練度獲得条件は6ターン以内に敵を6小隊以下にすることで、5ターン目に7小隊残した状態からマップ兵器で1機を除いて全滅させて達成。
最初は残さず全滅させたんですが、そうするとその後イベントで敵が撤退するはずが撤退する敵がいないのでフリーズしてしまい、クイックセーブしたところからやり直したのですよ。
その後、前述の無限稼ぎを開始。439ターンかけて1000万稼ぎました。
47話までの総ターン数より遥かに多い ( ̄▽ ̄)
さすがに疲れたので、資金MAX(9999万9999?)までやるのは諦めました。

49話「決断」は今後のシナリオ分岐にかかわる選択があるシナリオ。
熟練度獲得条件は4ターン以内に敵を6小隊以下にすることで、3ターン目に最後の7小隊まとめてMAP兵器で全滅させて達成。
ルート選択はハマーンと休戦協定を結ぶ方へ。
ドレルの参入とベルガ・ダラス、ドーベンウルフ、量産型キュベレイ2機を入手。
ドレルは正直今頃入ってこられても迷惑なぐらいなんですケド (^-^;
まぁ、使ってますけどね。
ドレルの乗機ベルガ・ダラスは移動力、運動性が高めな上に編成コスト1でパーツスロットが4もあるという一見使えそうな機体なんですが、武器が……1発限りのショット・ランサーだけではあまりにも攻撃力が足りませんよ。
というわけで倉庫行き。
……あ、今気付いた。小隊員機としては使える方かも。
ドーベンウルフにはバニング大尉を乗せてます。
原作で乗ってたのがラカンだからか、オヤジの機体という気がするので ( ̄▽ ̄)
量産型キュベレイにはビーチャやエルといったシャングリラチルドレンを乗せて小隊員機として使ってます。

50話「小バームの大攻防戦」はバーム軍との最終決戦シナリオ。
熟練度獲得条件は7ターン以内に攻撃司令艦ザンタルを撃墜することで、やろうと思えばザンタルが出現した4ターン目にできたんですが、リヒテル、ハイネルの会話イベントを全部見るために7ターンぎりぎりまで粘って達成 (*^-^)

と、そんなところで今は51話に取り掛かったところです。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

Twitter

最近読んだ本

無料ブログはココログ