2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« ファンタシースターポータブル2 進捗日記その65 | トップページ | もっと To LOVEる 3話 »

百花繚乱 サムライガールズ 3話

幸村と又兵衛に学園追放の沙汰が下された。
一見、温情ある裁決のようだが、千によると「柳生宗朗は真田幸村と出会わなかった。故に処罰なし、としたいだけです」とのこと。

ツンデレ (*^.^*)
やっぱりこの娘は悪い子じゃないな。

そして千は謎の少女、柳生十兵衛を監視するためという名目で真陰流道場に泊り込むことに決める。
自分の名前意外何も覚えていない十兵衛のことはひとまず保留として、千は宗朗に最近学園を騒がせている神隠し事件について説明を始めた。
手口も目的もわからないが犯人はわかっているという。
真田幸村と後藤又兵衛。
「豊臣方なんだから誘拐ぐらいしてもおかしくないでしょ」という生徒会長、徳川慶彦の鶴の一声でそう決め付けられてしまったのだ。
それに疑問を感じた千は独自に調査をするべく、宗朗に協力を頼む。
その時、十兵衛の悲鳴が響き渡った。
駆けつける宗朗たち。十兵衛はひどく取り乱していた。

この夢が十兵衛の出自に関係するんでしょうけど、今のところは何もわからないなぁ。

宗朗にすがりつく十兵衛に嫉妬し、引き離そうとする千。
だが十兵衛は宗朗にキスをすると、またあの圧倒的な戦闘力を持つ人格に変貌していた。
そこへ現れる幸村と又兵衛。
幸村の仮説、十兵衛の「将」は宗朗であり、その邪悪な気を纏う姿こそが占いに出ていた大日本を覆う影であると。

あぁ、やっぱり、そうなんだ。
でも、十兵衛が覚醒すると宗朗が動けなくなるのはなんでだろう?

幸村は十兵衛を挑発し、軍略をもって誘き出す。
魔の者にダメージを与える破邪顕醒の陣によって捕らえるが、十兵衛にはそれは効かなかった。
十兵衛の一撃から幸村の盾となる又兵衛。
その主君への忠義に感じ入るところがあったと、十兵衛は刀を納め、影のようなものが抜けて倒れてしまった。

ようやく話が動き出したかな?
少し面白くなってきました。
相変わらず墨汁は邪魔ですケド ( ̄▽ ̄)

« ファンタシースターポータブル2 進捗日記その65 | トップページ | もっと To LOVEる 3話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194245/37523944

この記事へのトラックバック一覧です: 百花繚乱 サムライガールズ 3話:

« ファンタシースターポータブル2 進捗日記その65 | トップページ | もっと To LOVEる 3話 »

Twitter

最近読んだ本

無料ブログはココログ