2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 2話 | トップページ | ファンタシースターポータブル2 進捗日記その61 »

おとめ妖怪 ざくろ 2話

前回の事件で妖人のことを何も知らないことを痛感した総角は文献を調べて勉強したのだが、誤った知識でざくろを怒らせてしまう。
そんな折、妖人省にホテルの建設現場に出没する妖人の調査依頼が入った。
ホテルのオーナーに話を聞く総角たちだったが、オーナーは妖人などに配慮することはないと退治を依頼してくる。
現場に向かい、組に分かれて調査を開始する一行。

丸竜に見分けてもらって喜ぶ雪洞(ぼんぼり)と鬼灯(ほおずき)。
あー、こうもそっくりな双子だと、見分けてくれる人は貴重なんでしょうね。

出現した巨大な影のような妖人。
ざくろは「話し合いに来た」と説得しようとするが、影は聞き入れない。
ならば仕方ないとざくろは短刀を抜き放つ。
影が怯えているように見えた総角が止めようとするが、ざくろは予想に反してホテルの柱を切り倒し、倒壊させた。

実力行使、かと思いきや、影に信用させる為にホテルを壊してみせたってとこかな?

影の正体は手のひらほどの小さな妖人だった。
住んでいた社を壊された為、人々を脅して追い出そうとしていたのだ。
「文明開化も良いけれど、もっと大切なこともあるでしょう」とホテルのオーナーや野次馬たちに言い放つざくろだったが、半妖の言葉には誰も耳を貸さなかった。
そこへ通りかかった陸軍の花楯中尉の取り成しによって、事件は一応の落着を見るのだった。

たかが中尉程度に軍用地や建設費用を提供するなんてだいそれた決定、出来るもんですかね?
陸軍内になんか強力なコネがあるとか?

理解を示してくれる人間もいることに喜ぶざくろ。

でも、なんかこの花楯中尉、怪しいんだよな。ただの勘ですが。
にしても、冒頭で総角をかばう薄蛍を「浮気性」と言ってたざくろですが、総角のことも最初は素敵かもとか思ってたわけですし、今度は花楯中尉にぽっとなってるし、惚れっぽいのは自分の方じゃないですか? (*^-^)

« 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 2話 | トップページ | ファンタシースターポータブル2 進捗日記その61 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194245/37319170

この記事へのトラックバック一覧です: おとめ妖怪 ざくろ 2話:

« 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 2話 | トップページ | ファンタシースターポータブル2 進捗日記その61 »

Twitter

最近読んだ本

無料ブログはココログ