2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« けいおん!! 25話 | トップページ | 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 12話(完) »

アマガミSS 13話

ストパン2とかぶったのでリアルタイム視聴。

七咲逢編開始。

2年前のクリスマス、約束をすっぽかされた純一は一人寂しい帰り道に、これから家族と楽しいクリスマスを過ごすのであろう幸せそうな少女と出会った。
そして現在、創設祭まであと1ヶ月ほどのある日の帰り道、純一は公園でブランコからジャンプした少女のスカートの中を目撃してしまう。

黒下着!……と見せかけて水着か? (*^.^*)

痴漢扱いされるが何処となくからかっている風なその少女は走り去ってしまった。
翌日の昼休み、純一は学食で何を食べるか迷っているところをその少女に咎められてしまう。
その後、学校に住み着いている黒猫を追いかけて、また彼女に出会う。
しゃがんだ彼女が抱き上げた黒猫がスカートを捲り上げそうになる様を凝視してしまう純一。

前から思ってたけど、純一、太ももフェチだな。

「見たいんですか?」と自らスカートを捲り上げた彼女。
しかし、スカートの中は水着だった。

やっぱりか _| ̄|○

それが彼女、七咲逢との出会いだった。
その夜、純一は美也から商店街の福引でハワイ旅行が当たると聞かされる。
真面目に聞かない純一への報復か、翌日額に「ハワイ当たれ」と書かれたまま登校してしまう純一。
それを偶然見た七咲は笑ったお詫びにとタオルを貸し、「放課後、時間ありますか?」と問うのだった。
何かを期待した純一だったが、用件は数量限定の特売品の買い物に付き合わされることだった。
お礼にと福引券をくれる七咲。
しかし、福引は6等の商品券500円しか当たらなかった。
それを使ってしまおうと大判焼きを食べる二人。
純一は、七咲から水泳部のボランティアで海岸のゴミ拾いをしていることを聞く。
帰り道、海岸のゴミを拾う純一を見て、七咲は「大判焼きのクリーム、おいしかったですよ」と微笑むのだった。

なんだ、サイアクなんてサブタイのわりに良い感じの出だしじゃん。
七咲はもっとクール系かと思ってたけど、案外そうでもなかったな。

« けいおん!! 25話 | トップページ | 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 12話(完) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194245/36896760

この記事へのトラックバック一覧です: アマガミSS 13話:

« けいおん!! 25話 | トップページ | 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 12話(完) »

Twitter

最近読んだ本

無料ブログはココログ