2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« アマガミSS 11話 | トップページ | セキレイ~Pure Engagement~ 11話 »

ストライクウィッチーズ2 10話

新たな作戦の為、上層部の意向で援軍が送られてきた。
ハンナ・マルセイユ大尉、通称アフリカの星。
かつて同じ部隊にいたバルクホルンとは犬猿の仲の彼女。
次の作戦では潜水艦を使う為、2名のウィッチしか出撃できない。
マルセイユとバルクホルンが指名されたが、マルセイユはお前では私とつりあわない、とハルトマンを指名する。
ハルトマンとの決着にこだわるマルセイユ。めんどくさいといなすハルトマン。

へぇー、実力的には、少なくともマルセイユから見たら、バルクホルンよりハルトマンの方が上なのか。

いよいよ作戦の日。
妹の為、マルセイユのサインを欲していたが素直に言い出せずにいたバルクホルンに、ハルトマンが代わりに貰ってきてあげると約束する。
しかし、マルセイユはサインはしない主義、あんなシスコンの為になどなおさら、と言う彼女の言葉がハルトマンの逆鱗に触れた。
勝負に勝ったらサインをしてもらうと約束をする。
今回の作戦は要塞化してマルタ島を占拠しているネウロイの内側へ潜水艦で突入し、攻撃役のウィッチ2名でコアを叩くというもの。
ネウロイ内部に突入したマルセイユとハルトマンは競うように小型のネウロイを撃墜していき、ついに二人の弾丸がコアを捕らえた。
撃墜数は20対20。
決着を付ける為、二人は実弾で交戦する。
熾烈な攻防の末、両者同時に弾切れで引き分けとなった。

いや、いくらウィッチはシールド張れるからって言っても危ないよ。
もっさんも止めようよ (*^-^)

マルセイユが原隊に帰る日、サインが貰えなかった罪滅ぼしのつもりか部屋を片付けているハルトマンを見て驚くバルクホルン。
一方、マルセイユは自分のサインを「バルクホルンの妹に届けてやってくれ」とミーナに預け、帰って行ったのだった。

て、ハルトマン、片付け諦めるの早っ (*゚▽゚)ノ

« アマガミSS 11話 | トップページ | セキレイ~Pure Engagement~ 11話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194245/36697059

この記事へのトラックバック一覧です: ストライクウィッチーズ2 10話:

« アマガミSS 11話 | トップページ | セキレイ~Pure Engagement~ 11話 »

Twitter

最近読んだ本

無料ブログはココログ