2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« ファンタシースターポータブル2 進捗日記その45 | トップページ | ストライクウィッチーズ2 4話 »

アマガミSS 5話

棚町薫編開始。

2年前のクリスマスイヴ。
待ち合わせをすっぽかされた純一は一人寂しく家路に着こうとしていたところ、薫に出会う。
薫はケーキを買いに行くのに送ってくれと言い、ついでのように純一を家のクリスマスパーティに誘うのだった。

あれ、てことはゲームではこの2年前のクリスマスイヴから分岐が?

そして現在も、薫とは顔を合わせればドツキ漫才のような悪友の関係が続いていた。

て、気絶するほどのパンチかよ、薫さん ∑(゚∇゚|||)

気絶した純一を心配して保健室で付き添っていた薫は、去り際に「放課後、校舎裏に来て」と言い残していった。
意味ありげな呼び出しに、純一はあらぬ妄想を繰り広げる。
しかし、その呼び出しはクラスメイトの恋愛相談の参考意見役として呼ばれただけだった。
帰り道、「告白されるのかと思った」と勘違いを照れながら告げる純一に、薫はドキドキしてしまう。
バイト先のファミレスにやってきた純一の視線を意識してしまって、ミスをしてしまう薫。

ふーん。薫ルートは彼女の方が意識し出す感じで始まるのか。
にしても、純一。ウェイトレスの絶対領域ガン見し過ぎです ( ̄▽ ̄)

« ファンタシースターポータブル2 進捗日記その45 | トップページ | ストライクウィッチーズ2 4話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194245/36128422

この記事へのトラックバック一覧です: アマガミSS 5話:

« ファンタシースターポータブル2 進捗日記その45 | トップページ | ストライクウィッチーズ2 4話 »

Twitter

最近読んだ本

無料ブログはココログ