2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

ストライクウィッチーズ2 8話

早朝、芳佳は一人剣の稽古をする坂本を見かける。
坂本の烈風斬に感心する芳佳だったが、坂本は烈風斬を超える真・烈風斬を会得しなければならないと言う。
芳佳は自分にも烈風斬を教えて欲しいと頼むが、坂本は拒絶する。
自分に力が足りないせいだと落ち込む芳佳。
しかし、朝食の席でのバルクホルンのロマーニャはガリアより戦力が足りない、自分たちの責任は重い、という言葉に元気を取り戻す。
だが、ペリーヌとの戦闘訓練で何故か上手く飛べず、全敗してしまう芳佳。
報告を受けた坂本はストライカーと芳佳本人を検査させるが、どちらにも異常は見つからなかった。
原因不明の不調に、バルクホルンは待機を命じる。

これってひょっとして、芳佳の魔法力が大きくなりすぎてストライカーがそれを受け止め切れなくなったってことじゃないの?

そんな折、ロマーニャに向かっていた扶桑海軍の戦艦大和で事故が発生し、医師を送って欲しいという要請が入る。
戦闘は出来なくても治療と飛ぶことぐらいは出来ます、と芳佳が志願し、手伝いにリーネも同行することになった。

まぁ元々、芳佳の家は魔法医ですしね。

芳佳の治癒魔法のおかげで怪我人は全て助かった。
安堵したところへネウロイ出現の報が入る。
巣のあるヴェネツィアからこんなに離れたところに出現するはずがないと驚愕する坂本たちだったが、事実、大型ネウロイが扶桑艦隊を襲撃し始めていた。
艦隊は応戦するが、ネウロイの回復速度は早く、攻撃が通用しない。
居ても立ってもいられず飛び出そうとする芳佳とリーネだったが、芳佳のストライカーが起動しない!
リーネは一人飛び出し、囮となって扶桑艦隊を逃がそうとする。

「来るべき作戦の為、大和をここで失うわけにはいかん」って言ってましたけど、たった一機のネウロイにやられてる艦隊が、その来るべき作戦とやらで役に立つんでしょうか? (^-^;
前々から思ってたけど、戦艦とか戦闘機とかのウィッチ以外の通常兵器ってまったくネウロイに通用してないですよね?
何の為に出撃させてるんでしょう?

どうして飛べないのかと嘆く芳佳の脳裏に父の言葉が響く。
「お前は飛べなくなったわけじゃない。これが新しいお前の翼だ」
格納庫から新型ストライカーの試作機、震電が姿を現す!

おぉー、すげぇ巨大な魔法陣。
やっぱり芳佳の魔法力、急成長してる?

力尽きたリーネの元に駆けつける芳佳。
シールドを張っての突貫攻撃でネウロイの内部に侵入し、コアを破壊、撃破した。

あー、やっぱり、不調の原因は巨大過ぎる魔法力に対してストライカーのリミッターが働いていたからなんですね。

アマガミSS 9話

中多紗江編開始。

て、なんだこのジョージのナレーション。
絶対この演出失敗だと思うんだけどなぁ。

純一は夏休み明け、黒塗りの高級車から下りる違う学校の制服を着た可愛い、胸の大きな少女を見かけた。

あれ? 夏休み明けとかから始まるの?
この作品ってゲームだとどういう風に分岐するんだろう?
共通ルートから選択肢で個別ルートへ分岐って形じゃなくて、最初からヒロイン個別のシナリオだったりするのかな?

数日後、昼食を買いに行くときに財布を落としてしまった純一。
その財布を届けてくれたのは先日見かけた少女だった。
きちんとお礼が言えないうちに走り去ってしまう彼女。

純一、奥手のくせに初対面の子に名前を聞いたりとか、変なところで行動力あるよな (*^-^)
それにしても、番組開始前から思ってたけど、ヒロインのうち紗江だけCV浮いてる気がするなぁ。

お礼が言えなかったことが気にかかって仕方ない純一は、1年生の妹、美也に特徴を説明して彼女を探す。
偶然にも彼女は美也の親友だった。
自己紹介を交わす純一と紗江。
後日、学校からの帰り道、純一は電柱に隠れるようにしている紗江を見かけ声をかけると、犬が怖くて通れないのだと言う。
一緒に通ってあげると見栄を張りドキドキしながら進む純一だったが、犬はほんの仔犬だった。
安堵する純一とは対照的に、吠えられて走り出してしまう紗江。
ファミレスで落ち着いた二人。
ウェイトレスの制服に興味を示す紗江に、純一はバイトを勧め、人見知りの彼女の為に自宅で特訓することになった。
腹式呼吸の練習で紗江のお腹に手を当てる純一。

セクハラ教官 ( ̄▽ ̄)

コーヒーを運ぶf練習ではズボンにコーヒーをこぼされ、脱ぎかけたところに美也が入ってきて誤解されてしまう。
紗江を送る帰り道、おんぶじゃんけんをしようと言い出す美也。
負けた純一は勝った紗江をおんぶし、グで始まる言葉に迷う彼女に「グラマラスボディ」と言わせるのだった。

さすが変態という名の紳士。
セクハラに余念がありません (*゚▽゚)ノ

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 8話

少女ありすとジークと名付けられた仔犬を加えた一行は、ハンビーで渡河する。

ジープで渡れるぐらいなら、徒歩でもなんとか渡れたんじゃないの?

夜が明け、ほとんど下着姿で出てきてしまった女性陣は着替えを始める。
風呂の時と同じく、孝に覗きを勧めて「まだ死にたくねぇ」と断られる平野。
平野は孝にショットガンを渡し使い方を教授するが、孝は「いざとなったら棍棒代わりにするさ」と嘯く。
着替えを終えた女性陣。
ライフルを下げている麗に、孝は使えるのかと問うが、「いざとなったら槍代わりにするわ」と答える。
銃剣を付けられるからできますよと、喜んで解説する平野だった。
土手を登り、市街に乗り出す一行。
まずは一番近い高城の家からまわってみることにした。
騒乱の後は見受けられるが、<奴ら>の姿はない。
安心しかける孝と麗だったが、そこに平野の<奴ら>発見の声が響く。
<奴ら>を避けて路地を右へ左へと曲がるハンビー。
しかし、道の先にワイヤーが張られており、行き止まりでエンストしてしまう。

これって生き残り住民の自衛策?
まぁ、<奴ら>階段は上り下りできるけど、柵を乗り越えたりはできないから有効なのかな。

急停車の衝撃で振り落とされてしまう麗。
押し寄せる<奴ら>に孝はショットガンを打ちまくるが、すぐに弾切れしてしまい焦って再装填もままならない。
平野の狙撃と冴子の剣技で援護するが、<奴ら>の数が多過ぎる!
孝は麗の下げていたライフルに気付き、それを麗を組み敷く形で伏射する。

発砲のたびに揺れる麗の乳、冴子の股間やのけぞった胸の谷間をすり抜けていく弾丸。
何だコレ (*゚▽゚)ノ
ココ、笑うところ?

しかしあまりに<奴ら>の数が多過ぎた。
孝はショットガンを棍棒代わりに突撃し、それに冴子が続く。
大きな音を立て、<奴ら>を引き寄せようとする孝だったが、それで引き付けられたのは一部で、まだ相当数の<奴ら>がハンビーの周りに群がっていた。
ありすだけでもワイヤーの向こうの安全地帯に逃がそうとする平野だったが、ありすは一人になるのは嫌、と拒否する。
絶体絶命かと思われたその時、ワイヤーの向こうから助けが現れた!
消火用の放水で<奴ら>を押し流し、その隙に一行をワイヤーの内側に招き入れてくれたその一団を指揮していたのは高城の母親だった。
こうして高城たちの安全は確保されたが、孝と冴子は<奴ら>の大群を挟んで孤立してしまっていた。
このあたりに土地勘がある孝の先導で、二人は迂回して彼女らと合流することにする……

けいおん!! 21話

卒業アルバムに載る個人写真撮影に向けて、髪形の研究に余念がない唯。
鏡を見てもよくわからないので憂に自分の髪型をさせてチェックしたりしていたところ、そのままヘアピンを忘れてなんとなく落ち着かない。

去年、憂が唯に変装したこともあったし、平沢姉妹似過ぎですもんね。
ところで和さん、髪止めるものない?でクリップを渡すのは女の子として如何なものか ( ̄▽ ̄)

ムギが髪ゴムを貸してくれていろいろとやっているうちに、憂がヘアピンを届けてくれて一件落着。

何故おでこ出しをそんなに嫌がる、唯?
そりゃ律っちゃんも怒るわ。

放課後、3年生が引退した運動部の様子を見て不安になるあずにゃん。
誰も居ないんじゃ、と部室に駆け込んでみると、そこにはいつもどおりの先輩たち&さわちゃんの姿があった。
「これからはここで受験勉強をしようと思って」という言葉に、内心安堵するあずにゃんなのでした。
それ以前に進路がまだ決まっていない律と唯。
ムギと同じ女子大にするー、と言う二人に、推薦を受ける予定の澪は複雑な表情。
進路のことは置いておいて、とりあえず目先の写真撮影のことが気になって仕方ない唯。
翌日、デジカメでリハーサルをすることになった。
写真写りを特に気にしないくせに妙に決まる律、緊張し過ぎで目が泳いでいる澪、変なふくれっ面のムギ。

いつもぽわーっとした顔で写ってるからきりっとした表情しようと思って、でソレですか? (*^-^)

意外にもすごく真面目な生徒のように写る唯。
しかし唯は、前髪が少し長過ぎると言い出し、はさみを取り出して自分でカットし始める。
そして、くしゃみで前髪をばっさりとまっすぐ切り落としてしまうのでした。

お約束 (*゚▽゚)ノ

髪を横に流してなんとか誤魔化し、無事写真撮影を終えた唯。
一方、澪は推薦に必要な書類を提出しなかったことでさわちゃんに呼び出されていた。
「皆と一緒に受験勉強して、皆と一緒の大学に行きたい」と言う澪。
唯と律もこの言葉で進路をムギと同じ女子大に決め、4人で同じ大学を目指すことになったのでした。

ワグナリア

今日は友人二人と、WORKING!!とタイアップしたフェアをやっているロイヤルホスト秋葉原店に行ってきましたよ。
フェアオリジナルメニューは<ワグナリア特製プレート>(旗の立ったオムライスとハンバーグ、エビフライのお子様ランチげなセット)と<ワグナリア特製パフェ>(こちらも旗付)の2種類。
これらのメニューを注文すると1品につきコースター(全8種)1個がついてくるので、3人して両方注文 (*^-^)
コースターの絵柄は、友人たちがぽぷら×2、伊波&小鳥遊、神楽は相馬&八千代でした。
八千代さん引けたので満足です (*^.^*)
ていうか<ワグナリア特製プレート>、見た目はお子様ランチなのに量はしっかり成人向けにあって、小食の神楽はかなりおなかいっぱいでした。

フェアは8/31までなので、行きたい方はお早めに~ (* ̄0 ̄)ノ

ファンタシースターポータブル2 進捗日記その51

今日は魔弾ミストルテインをゲット! ヽ(´▽`)/
なんかホントにここんとこドロップ運が良いな。
贅沢言えばデュアルミストルテインの方が欲しかったですケド。
あと、そろそろリザルト出ても良い頃だと思うんだけどなぁ。

現在Lvは183。

通院日

四週間ぶりの通院日。

気分の下は底上げされてる気がするけど上は変わらない感じという話をして、一応サインバルタが効いているようだということで、20→40㎎に増量。

次回は二週間後。

ファンタシースターポータブル2 進捗日記その50

今日はまたMAX[S]に行ってました。

そしてヘルガからハルプセラフィをゲット! ヽ(´▽`)/
ホント、ここんとこドロップ運が良いなぁ。
相変わらずリザルトは出ませんケド。

現在Lvは183。

オオカミさんと七人の仲間たち 8話

……何ですか、このアバンは ( ̄▽ ̄)
本編と全然関係ないし。

珍しく学園外からの依頼が御伽銀行に入ってきた。
大手ハウスメーカーの御曹司、根角忠太郎の嫁探しという依頼に、涼子と林檎、亮士は駆り出される。
しかし忠太郎は12歳の小学生だった!

て、おつう先輩(CV:川澄綾子)に「えっちなのは?」「いけないと思います!」とか言わせてよかったんですか?
制作会社違うよ?

アリスや地蔵先輩、乙姫や宇佐見美々、放送部の下桐すずめ、桃ちゃん先輩、生徒会書記のグレーテル等々、めぼしい女性を当たってみるが、全て執事のハーメルが神経を逆なでするダメ出しをして、なかなか相手は見つからない。

いや、逢坂さんとか櫛枝さんとか川島さんとか、御坂さんとか白井さんとか初春さんとか佐天さんとか、学校違いますから! (*゚▽゚)ノ
こっちは制作会社同じだから問題ないですね。同じ電撃文庫だし。

結局、忠太郎の幼馴染、初華と相思相愛だったことがわかって一件落着したのでした。
迷惑をかけた女性陣にケーキをおごる頭取の財布以外はめでたしめでたし。

いや、地蔵先輩、地雷女も需要はありますよ?
ヤンデレかわいいよヤンデレ。

セキレイ~Pure Engagement~ 8話

御中からのメール「未だ勝ち星のない葦牙はゲームに参加する意思なしと見做し、そのセキレイを強制的に機能停止とする。期限は二週間」という通達に、ゲームから抜けようとする葦牙たちが動き出していた。
そんな葦牙の一人が皆人に接触を図る。
唯一、帝都脱出計画を成功させたとして北の葦牙は有名なのだという。
脱出計画に誘うその葦牙に、皆人は久能たちを弱っちい雑魚呼ばわりしたことが気に障って、その申し出を断る。
勝手に決めてゴメンと言う皆人に、彼のセキレイたちは皆同じ気持ちだと言うのだった。
その葦牙は懲罰部隊の鴉羽によってセキレイを倒され、MBIに連行されていた。
だだ漏れの脱出計画に、乗らなくて正解だと松は言う。

まぁ、あの雑魚葦牙、人間的に問題ありそうでしたしね。

その夜、成り行きから翌日皆人とデートできる権利をかけてカードゲーム大会が行われていた。
勝者は草野。
翌日、皆人は草野とデートすることになった。

デートというよりお出かけだな。
微笑ましい (*^-^)

一方、病身の葦牙、千穂を見舞っていた鈿女は柿崎から御中のメールについて知らされる。
千穂の治療の為、氷峨の手先となって汚れ仕事を請け負ってきた比礼のセキレイに正当な勝ち星はない。
柿崎はそんな鈿女にチャンスを与えようという。
比礼のセキレイではなく鈿女として戦っても良いと言うのだ。
ただし、その相手は北の葦牙のセキレイに限る、と。
千穂の為、覚悟を決める鈿女。
その頃、デートの帰りに猫を追いかけて病院に迷い込んだ草野が千穂と出会ってしまった!

うわぁ、一番残酷なマッチメイクするなぁ。
次回、鈿女vs草野? (;ω;)

ファンタシースターポータブル2 進捗日記その49

今日はチャレンジⅡに挑戦してきました。
全5ステージ、何とか目標タイムをクリアできましたよ ヽ(´▽`)/

全ステージ合計1時間以内でクリアするとテンイムソウが手に入るのですが、結果は1時間10分ほどでダメでした。
コレ、あと10分も縮められるのかなぁ……
またそのうち挑戦してみようと思います。

現在Lvは182。
今日から配信の新DLミッション「夢幻の鎮魂曲」は、曲シリーズをやってチケット手に入れないとプレイできないので、たぶんやらないなぁ。

ストライクウィッチーズ2 7話

ミーナ隊長お当番回かと思いきや大サービス回でした。

早朝、虫取りに来ていたルッキーニは黒くて赤い模様の入った綺麗な虫を見つける。

て、それどう見てもネウロイ……てこともないか。こんな感じのてんとう虫いたっけなぁ。

朝のブリーフィングで、ミーナから風呂が完成したことを告げられ喜ぶ一同。
坂本は風呂に気持ちよく入れる方法があるという。それは訓練をして汗を流すこと!

鬼教官 ( ̄▽ ̄)

ランニングで汗を流した芳佳たちは風呂に入る。
その頃、ルッキーニの捕まえてきた虫型ネウロイが逃げ出し、基地内のあちこちの電線をショートさせていた。
このネウロイは電気を食い、都合の良いことに何故かパンツズボンの中に潜り込む性質を持っていた!

パンツズボン脱ぎ/脱がし祭りの開催です (*´д`*)
こういうとき、たいてい酷い目にあうのはペリーヌの役回りだなぁ。

「こんなこともあろうかと」とシャーリーの作っていた電波探知機も一瞬でショートさせられる。
エイラはダウジングで、深夜哨戒任務の為眠っているサーニャのパンツズボンの中にネウロイの反応を見つける。
パンツズボンを脱がしかけたところで目を覚ますサーニャ (≧∇≦)

拗ねてるサーニャは新鮮だなぁ。可愛い。
拗ねてる理由を、いつもベッドに潜り込んで誘ってるのにようやくその気になってくれたと思ったら、虫を取る為とか言い訳されたから、とか妄想するとなおいっそう萌えますね (*´Д`*)

時を同じくして上空に出現する新たなネウロイ。
これをバルクホルンとハルトマンが迎撃に出る。ノーパンズボンで (*^-^)
その頃、ミーナは一人風呂に入っていた。
風呂から上がり着替えようとしているところへ、虫型ネウロイを追う一同が押し寄せてくる。
虫型ネウロイはミーナのパンツズボンの中に潜り込み、その感触に思わずパンツズボンをきつく引っ張りあげたミーナのお尻でネウロイは砕け散り、上空のネウロイも消滅した (*゚▽゚)ノ
こうしてミーナ中佐は200機撃墜の勲章を授与されることになったのだった。

て、なんで勲章、パンツズボン型なんだよ ( ̄▽ ̄)

アマガミSS 8話

純一が保健室に行くと、何故かウェイトレス姿の薫がいた。
スカートのほつれを直している間、着ているのだという。
純一は思い切って薫にクリスマスイヴの予定を聞く。
「勿論、あるわよ」

そういや、2年前に毎年イヴは母親と二人でパーティするって言ってたもんなぁ。
と思ったら。
「あんたとデートするに決まってるじゃない。いつまでたっても誘ってくれないから勝手に予定入れちゃったわよ」
ヤラレタ! これは可愛い (*´д`*)

そしてイヴ、デート当日。
待ち合わせ場所は2年前のあの公園。30分待っても薫は来ない。
嫌な思い出が頭をよぎる。

うわぁ、これ、心臓に悪いなぁ。

結局、服を選ぶのに気合を入れすぎただけの薫は、「またすっぽかされるのかと思ったんだ」と言う純一に、「私があんたの嫌がることするわけないでしょ」と笑う。
二人が向かったのは前から話題になっていたポートタワー。
躊躇する純一はとりあえず周囲を散歩してお茶を濁すことに。

そういや高所恐怖症でしたっけ。

思い出話に興じる二人。
しかし、その思い出は純一のカッコ悪いところばかり。

まぁ、このほうがらしいっちゃらしいか。

夜景の綺麗な時間になり、遂にポートタワーに上ることに。
純一が高所恐怖症だったと知ってからかう薫。
ガラス張りの床の上に純一を誘う。
「手をつないでいれば少しは平気でしょ」と両手をつないで眼下を見下ろす二人。
外では雪が降り始めていた。
薫はようやく気付いた自分の気持ちを素直に伝える。
「あんたと一緒じゃないと嫌なの」
それを聞いた純一は「カッコ悪いな。似合わないことを言わせて」と自分も同じ気持ちだということを告白した。
そして二人は唇を重ねる……

て、エンディングが不自然な一枚絵で、提供バックに本編になかったシーンが流れてたってことは、入りきらなかったエンディングはBD/DVDで見てね、ということですか? (^-^;
さて、これにて棚町薫編終了。
次回から、後輩属性の中多紗江編の開始です。

ファンタシースターポータブル2 進捗日記その48

昨日に引き続き、今日は聖剣エルシディオンをゲット! ヽ(´▽`)/
ここのところドロップ運が良いなぁ。
報酬武器は出ませんケド。

あ、今日はⅢでヘルガルート、Ⅳでシズルルートへ行ってみましたよ。
さすがにこいつらからはレアは出ませんでしたね。

現在Lvは変わらず181。

ファンタシースターポータブル2 進捗日記その47

念願のサイコウォンドを手に入れました! ヽ(´▽`)/
最近はフォースでやってるので超嬉しいです。
……でもここのところいろいろ手に入ったので、改造資金がない orz

せっかく交換したクロノスケィスもフル改造したその直後にダブル=カノンが手に入ったので使わなくなっちゃったし。
それ言ったら光60%のデモンズディザスターのおかげで、あんなに苦労して手に入れたヒャッカリョウランも倉庫で眠ってますケド (^-^;

そうそう。今日はⅣで[S]では初めてシズルルートに行ってみましたよ。
何とか倒しましたけど、ボス箱が[A]と同じ中身でガッカリ (;ω;)
レンゴクトウ・エンサは2本も入りましたけど、エンサは天守閣の乱でも手に入るしなぁ。
運が良ければボス箱の中身も良い物になるんでしょうけど……正直、苦労に見合わない気がします。

さて、とりあえず改造資金を稼がなきゃなぁ。
現在Lvは181。

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 7話

隠れ家のテラスから街の様子を見る孝たち。
数少ない生き残りが<奴ら>に襲われている様を見て孝は発砲しようとするが、冴子に止められる。
<奴ら>は音に反応し、生者は光に集まってくる、と灯りを消す冴子。

確かに<奴ら>全てを一掃し、全ての生者を救えるはずもないことは理解できますが、シビアな選択だなぁ。

彼らがこっそりと街の様子を観察する中、とある親子連れが一軒の灯りのついた家に助けを求めていた。
「開けてくれないとドアを壊す」と言う父親の声に応じて開くドア。
安堵したのも束の間、住人の凶刃が父親の身体を貫いた!

結局、最小限のコミュニティである家族を守る為に他人を全て切り捨てていくようになるんですね……
頭では理解できますけど、キツイなぁ。

父親の身体にすがって泣く少女の泣き声に反応して、<奴ら>が集まり始めていた。
思わず助けようと孝が動くよりも早く、平野の銃弾が<奴ら>の頭を撃ち抜く!

小さな女の子は助けるのね (*^-^)
いや、気持ちはすごくわかりますけど、一方で、なんか助ける人間のランク付けをしてるみたいで気持ち悪いという感情もありますねぇ……

平野の援護射撃の中、孝がバイクで少女を救出に向かう。
高城たちはこの騒ぎに乗じて脱出の準備をする。
孝は少女の周囲の<奴ら>を片付けたが、道は<奴ら>で埋まっていて脱出できない。
道以外のところを行けば良いという少女の言葉にヒントを得た孝は、少女を背負い塀の上を歩いて脱出を図る!
そこに静香先生の運転するジープが到着、平野の射撃と冴子の剣技で<奴ら>を足止めしている間に孝はジープに飛び移った。
こうして新たに少女ありすを加えた孝たち一行は、隠れ家を捨て川向こうの市街へ向かうことになる……

けいおん!! 20話

学園祭二日目。いよいよライヴ本番!
さわちゃんの作ってくれた揃いのTシャツを着て気合十分の軽音部一同。
が、幕が開く直前、二年前の澪のトラウマや去年の唯のギー太忘れ事件を思い出してしまい、テンションが下がる ( ̄▽ ̄)
しかし幕が上がると、そんなテンションもどこかへ吹っ飛んでしまった。
観客皆や和までが同じHTTのTシャツを着ていたのだ!

さわちゃん、GJ! (*^ー゚)b
唯、演奏前から泣くな。

そして1曲目、「ごはんはおかず」!

作ってたんかいっ?! ∑(゚∇゚|||)

MCで昨日の澪のロミオ役や律のジュリエット役について触れる唯。
メンバー紹介ではさわちゃんや和まで紹介してしまう。

あー、なんかもう、ぐだぐだだー (*^-^)
まぁ、このぐだぐだ感がHTTという感じですケド。

そして最後の曲、「U&I」。

あぁ、ちゃんとこっちも作ってたのね。

ライヴが終わり、放心状態の一同。
これからの予定をとりとめもなく話し合う。

て、来年の新歓はもう卒業してていませんよ?
と思ったら、わかってて話してたのね。

もっとずっと来年の学園祭もやりたいと泣く一同。

うぅ、気持ちはわかるなぁ。
ていうか、この盛り上がりの後、卒業までの日常話が続くのか?!
最後になんかどーんとないと、収まりつきませんよ?

オオカミさんと七人の仲間たち 7話

何者かが勝手に部屋に入って掃除や料理をしているので犯人を突き止めて欲しいという花咲先輩の依頼で、隠しカメラを仕掛けた林檎たち。
そこに映っていた犯人は、お堅いことで有名な地蔵先輩だった!
聞けば、雨の日に傘を貸してくれた花咲先輩に恩を返したいと思い、やっていたのだという。
花咲先輩は傘を貸しただけでこんなにしてもらってはかえって申し訳ないから何かお礼がしたいと言う。
そこで、林檎の発案で二人はデートをすることとなった。
そして二人だけでは心許ないという理由で、涼子と亮士が同行してダブルデートをすることに。

林檎さん、仕事にかこつけて二人をデートさせたかっただけでは? (*^-^)

デート中、公園で木から下りられなくなっている仔猫を見過ごせず、二人の傍を離れる涼子。それを追う亮士。

職場放棄です ( ̄▽ ̄)

涼子は仔猫を助けるも木から落ちて頭を打ってしまい記憶喪失になってしまう。
記憶が中学一年生の頃まで戻ってしまっていた!

記憶喪失というか記憶退行ですね。

引っ込み思案で可愛らしくなってしまった涼子にときめく亮士。
二人は病院へ行くことにしたが、道中寄り道をしてばかり。それはまるでデートのよう。
林檎から連絡があり三人は合流した。
今後のことを話し合う亮士と林檎。
だが、自分たちだけでは限界がある、場合によっては家族に連絡も必要か、と話し合う亮士に、知らない街で一人きりの気持ちだった涼子は「ずっと一緒に居てくれるって言ったのに」と飛び出してしまう。
雨の中、走る涼子は羊飼と行き会ってしまった。
追いついた亮士に、自分と涼子の過去が知りたくないかと問いかける羊飼。

おいしく食べちゃったんだよ、って、えぇっ?! ∑(゚∇゚|||)
……あぁ、なんだ嘘か。
やっぱりレ○プ未遂ですかね。

過去がどうでも、自分は今の涼子を守ると宣言する亮士。

うーん、なんかこのへんの裏設定の重さが、見た目のファンシーさとコンフリクトしてるんだよなぁ。
あんまり重い話を持ち込んで欲しくないんですけど。
それと、今回、地蔵先輩たち出す意味あったんでしょうか? (^-^;

セキレイ~Pure Engagement~ 7話

葦牙としての覚悟を決めた皆人は、松に鶺鴒計画について尋ねる。
松によって語られる鶺鴒計画の全貌。
そもそもの事の起こりは、後に神座島と名付けられる島で、宇宙船のような遺跡が発見されたことだった。
御中はそのオーバーテクノロジーを元に会社を興し、それが後のMBIとなった。
遺跡の中には108の生命体が眠りについていた。
成体が1体、胎児が8体、受精卵が99体。それこそがセキレイ!
成体と胎児の状態のセキレイは浅間建人によって特別な調整が施され、それが後に「シングルナンバーはヤバイ」という噂の元となった。
このオーバーテクノロジーの山を各国が見過ごすはずもなく、国籍不明という建前の多国籍軍が神座島を襲撃する。
それを迎え撃つ為に№1~5の5羽で結成されたのが、S計画守護懲罰部隊の始まりだった!
松が懲罰部隊だった事実に驚く皆人たち。

て、驚くとこ、そこかよ ( ̄▽ ̄)

圧倒的な力を持って、多国籍軍を撃退する懲罰部隊。
松の語る話がいよいよ核心に触れようかというその時、皆人の携帯にメールが届く。
それは御中から全葦牙に向けて発信されたものだった。
曰く「いまだ勝ち星のない葦牙はゲームに参加する意思なしと見做し、そのセキレイを機能停止とする」というもの!

おぉ、ここからアニメオリジナル展開ですかね?
wktkです (*゚▽゚)ノ

ストライクウィッチーズ2 6話

エイラ&サーニャお当番回。

今回出現したネウロイは高い塔状の形態をしており、コアはその天辺、3万メートルの上空にあった。
それはストライカーの限界高度1万メートルを遥かに超える高さ。
空気もなくマイナス70度の死の世界。
しかしウィッチに不可能はない。
坂本はロケットブースターを用いて高度3万メートルまで攻撃役を打ち上げる作戦を立案した。
攻撃役には最も攻撃力の高いロケットランチャーを装備するサーニャ、彼女を護衛する防御役にはシールド出力の最も高い芳佳が指名される。
サーニャを自分で守りたいエイラは面白くない。
しかし、未来予知のおかげで実戦でシールドを張ったことがないエイラは今回の作戦には不向きだと却下されてしまった。

エイラはサーニャ大好きですもんねぇ。

諦められないエイラは、芳佳と仲の悪い(ように見える)ペリーヌに協力を要請して、シールドを張る特訓をすることに。
その特訓とは、ペリーヌをサーニャだと思って、リーネの狙撃からシールドを張って守ること!
しかし、エイラはついつい避けてしまい、全くシールドを張ることができないのだった。

苦手だというサウナで相談受けて、特訓まで実践してやるペリーヌは、ツンケンしてるくせに付き合い良いなぁ。
ツンデレツンデレ (*´д`*)

結局無理だと諦めてしまうエイラ。
諦めたら終わりだと言うサーニャと喧嘩してしまう。
そうしているうちに作戦決行日となった。
作戦は、5人からなる一段ブースターが1万メートルまで、3人からなる二段ブースターが2万メートルまで、サーニャと芳佳を運び、その後二人が3万メートルまで昇りネウロイを迎撃するというもの。

おぉ、やっぱロケットは三段式ですよね (*^-^)

二段目にいたエイラは、やはり諦めきれず、魔法力が尽きたロケットブースターで三段目の二人を追いかける。
それを芳佳が救い上げ、サーニャと二人で3万メートルまで連れて行き、後をエイラとサーニャに託して降下していった。
二人をネウロイからのレーザー攻撃が襲う!
それをエイラは、初めて意識的にシールドを張ることによってサーニャを守るのだった。
そしてサーニャのロケットランチャーが火を噴き、ネウロイのコアを撃破した。

ここの、真空だから音がない戦闘シーンを二人の挿入歌で埋める演出はとても綺麗だったと思います (≧∇≦)

アマガミSS 7話

翌日、薫は欠席だった。
心配になった純一は、授業をサボっているだけで学校には来ているのかもしれないと、心当たりを探す。
しかし、薫は昨夜母親と喧嘩して家を飛び出したきり帰っていないのだという。
純一は居ても立ってもいられず、街へと当て所もなく薫を探しに飛び出した。
ふと「なんでこんなに心配しているんだろう?」と自問する純一。

それは恋です (*^-^)

バイト先のファミレスでようやく薫を見つけた純一は、彼女から喧嘩の原因を聞く。
自分の感情に素直になれない薫に、純一は「泣けばいいじゃないか」とそっと肩に手をかける。

て、ここで一本背負いですか?! Σ( ̄ロ ̄lll)
良いシーンなのに。
まぁ、らしいっちゃらしいですケド。

純一の言葉で素直になれた薫は、母親と和解した。
その夜、純一は風呂でどうして薫のことがこんなに気になるのか一人悶々とするのだった。

似た者同士ですね、この二人 ( ̄▽ ̄)

ファンタシースターポータブル2 進捗日記その46

ようやくガーディアンズバッヂが90個溜まったので、ヤスミノコフ9000と交換しました! ヽ(´▽`)/
結局Gバッヂ集める為にMAXⅡ[S]のみひたすら周る部屋立てて2日で30個くらい稼いだんですけど、意外と人が集まるもんですね。
まぁ、たいていの人は報酬武器のデモンズディザスター狙いなんですけど、そこで「光60%のDD持ってます」とは言えず、話を合わせてました ( ̄▽ ̄)

さて、これで交換武器は一通り揃えたので、あとは報酬武器目当てにMAX[S]を周ります。
現在Lvは180。

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 6話

全世界に蔓延したこの<殺人病>の罹患者は日本だけでも200万人にものぼっていた。

て、そんな状況で何この大サービス回 ( ̄▽ ̄)

女性陣が風呂に入っている間、孝と平野は家捜しをして違法な銃の数々を発見する。
狂喜する平野。
一方、封鎖された橋では、この<殺人病>が政府がアメリカと共同で極秘開発していた生物兵器によるバイオハザードだとする一団が、警官たちに詰め寄っていた。
「治安を維持する為なら何をしても良い」という命令を最後に本部との通信が途絶したことで、警備課長は退去しない抗議団体のリーダーを射殺、生きている人間諸共<奴ら>をブルドーザーで排除する!

うわぁ、いよいよ末期的だなぁ (lll゚Д゚)

橋が静かになったことで、孝たちの潜伏する街の方に<奴ら>が集まり始めていた……

けいおん!! 19話

学園祭当日。
演劇の準備でドタバタしている3-2を覗くあずにゃん。
あずにゃんとしては、それより軽音部のライヴの方が気になっているみたいで……

さわちゃん、衣装作りの手ぇ広げ過ぎだ。
その趣味、おおっぴらにしちゃって良いの?
おしとやかキャラで通すんじゃなかったのか? ( ̄▽ ̄)

いよいよ本番。
順調に進んでいく劇。

澪は本番に強いタイプだなぁ。

ところが、ラストシーンの大道具、墓石がない!
急遽オカルト研からそれらしい石碑を借りてきてなんとかその場をしのいだのだった。
おかげで劇は大成功。
劇の出来は素晴らしかったけど、軽音部のことを忘れられているようで少し寂しいあずにゃんなのでした。
しかし、それは杞憂に過ぎず、先輩たちもちゃんとライヴのことを考えていた。
その日は泊り込みで特訓することに。

あー、この空気、わかるなぁー。
こういう特別な日に学校に泊り込みとかってやたら変なテンションになるんですよねぇ (*^-^)

気分転換に夜の学園祭見物に出かける5人。
そこでジュリエットの墓石を発見したのでした。

次回、ライヴ本番!

オオカミさんと七人の仲間たち 6話

林檎と涼子の回想で綴られる過去話回。

中学時代の林檎は、風邪をひいて休んでいる涼子にプリントを届けに行ったことをきっかけに、本当は弱いのに強くあろうとする彼女の姿に気付いた。
笑顔の仮面で本心を隠している自分と似たものを感じ、林檎は涼子と友達になろうとする。
最初は頑なだった涼子の心だが、彼女の真摯な言葉に最後には素直になるのだった。

なんというか、全然意外性のない馴れ初めでしたね。
涼子が転校してきた理由、羊飼士狼との因縁についても詳しいことはわからず。
羊飼が何か酷いことをして、それを誰も信じてくれなかった、ということのようですが、転校するとなると余程の事だよなぁ……レ○プ未遂とか?

セキレイ~Pure Engagement~ 6話

鈿女を排除させようとする御子上の前に、氷峨配下の葦牙、柿崎が姿を現した。
その他にも周囲で様子を伺っている葦牙、セキレイの気配を感じ、陸奥は御子上を連れて撤退する。
廃棄ナンバー秋津は、どうして羽化できない廃棄ナンバーに主がいるのかと聞いた焔の問いに「葦牙だから主なのではない。己が認めたから主なのだ」と言い残して去る。

重い言葉です。真理ですね。

最早これまでと自らメルトダウンしようとする焔。
しかし、その炎を月海の水が消し止めた。
焔を手に入れんとする柿崎と、守ろうとする皆人のセキレイ同士の戦いの幕が開く!
円盤状の刃を操る織刃vs月海、格闘系同士の対決となる葛城vs結、そして鈿女vs風花。
無防備になった柿崎を草野が捕らえているうちに、皆人が篝/焔を説得にかかる。
炎を噴き出し続ける篝の身体を、皆人は抱きしめた。
同情なんかじゃなく心配だからただそれだけで来たと言う皆人の言葉に胸を打たれる篝。
そして皆人の不意打ちのキス!

おぉー、やるときゃやりますねぇ、男の子! ヽ(´▽`)/

羽化し能力が安定した篝は、一人で思い悩んでいたことが馬鹿馬鹿しく思えて、遂に皆人に婚ぐ心構えをする。
それを見た月海、結は、納得していたこととはいえやはり嫉妬の感情を抑えることができなかった。
月海の操る水流がヤマタノオロチと化して織刃を襲い、結の中の黒い獣、熊拳が葛城を一撃の下、機能停止に追い込んだ。
撤退する柿崎たち。
だがしかし、これで全てのセキレイが羽化し、鶺鴒計画というゲームは新たな局面を迎えることとなる。

ストライクウィッチーズ2 5話

ルッキーニお当番回。

米が尽きた501部隊は買出しに行くことに。

米がなくても前回貰った大量の芋があるだろう。
カールスラントじゃ主食だぞ。

運転手のシャーリー、地元出身なので道案内のルッキーニ、そして芳佳の3人が買い出しに行くことになった。
その他にも隊員たちそれぞれのリクエストを聞いて、出発。
直前で辞退したリーネの様子から予想できたように、シャーリーの運転はかなり荒っぽかった。
ぐったりしていた芳佳だったが初めて見るローマの街並みにはしゃぎ、ルッキーニを喜ばせる。
店に到着し、買い物を始めた一行。
そのとき、ルッキーニは窓から裏路地で黒服の男たちに捕まえられて抵抗する少女の姿を目撃した。
飛び蹴りで黒服たちを蹴散らし、彼女を連れて逃げるルッキーニ。
マリアというその少女は自分の生まれたローマの街を良く知らないので見て周っていたのだという。
そういうことならと、ルッキーニは彼女を案内してローマ巡りをするのだった。

あー、買い出しのお金、使い込んじゃったよ。
まぁ、確かにそういう後先考えないキャラですね (*^-^)

いなくなったルッキーニを探す芳佳とシャーリーだったが、そのときネウロイがローマの上空に現れた!
ルッキーニと合流し、3人はストライカーで出撃する。

このタイミングでルッキーニが見つかるってのもものすごいご都合主義だなぁ。
まぁ、良いですケド。
ていうか、ストライカー積んできてたのね。

3人の活躍によりネウロイは撃破された。
ルッキーニはマリアを抱いて、上空からローマの街を見せるのだった。
翌日、買い出しのお金を使い込んだ罰を受けるルッキーニ (*^-^)
ミーナのリクエストで買ってきたラジオからは、ロマーニャ第一公女マリアの言葉が流れていた。
ローマの街を救い、大切なことを教えてくれたルッキーニに感謝の言葉を述べるマリア。
そして501部隊には、彼女からのお礼の補給物資が届くのだった。

結果的に買い出しするより大量の物資が手に入ったので結果オーライですね (*^-^)

アマガミSS 6話

純一のことを意識し出し、お風呂で一人悶々とする薫。

「……いや、ないでしょ」って酷いな (*^-^)

翌日、薫は中学から変わっていない純一との関係性に変化が欲しいと言い出し、冗談でキスのふりをするつもりがもみ合っているうちに本当にキスしてしまう。

「ノーカウント!」って、それも酷いな ( ̄▽ ̄)

純一も薫と同じく初めてのキスだった。
男らしくそのお返しをしてやる、と純一は薫を図書室に呼び出す。
最初は薫をくすぐって笑い転げさせてやろうと思っていたのだが、そんなものでは満足できない、と思い直し、考えた末に出した結論が、へそにキスをしてやる?! Σ( ̄ロ ̄lll)

純一の思考回路イミフ `;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

拒否したら力ずくでも、と息巻く純一を跪かせ、薫は自ら服をたくし上げてへそにキスさせる!

薫もぶっ飛んだ思考回路してんなぁ。
普通の女の子だったらコレはあり得ないでしょう。
これなんてえろg(ry

その帰り道、公園で子供たちが木に引っ掛かったバドミントンのシャトルが取れなくて困っているのを見かけて、薫は純一に肩車をさせてそれを取ってやる。

太ももの感触が……とか考えてる純一。
さすが、変態という名の紳士 (*゚▽゚)ノ

別れ際、薫の見せた笑顔に何故かドキドキしてしまう純一だった。
一方、バイトに向かった薫は、母親が男と待ち合わせている現場を目撃してしまいショックを受ける。

母一人子一人でやってきた家庭だから、裏切られた気分なんでしょうね。
次回、自棄にならなきゃ良いけど。

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 5話

洋上空港にも出現した<奴ら>。
テロ警戒で配備されていた警官隊の狙撃手が<奴ら>を排除し、飛行機は飛び立つ。

世界中がこんな状況で一体何処に?
と思ったら、そのすぐ後で高城さんが説明してくれましたよ (*^-^)
この娘、ホント、頭の回転が速いな。

市街中心部へ向かう橋は封鎖されていた。
孝たちは別の橋を目指す。
一方、バスの中では紫藤がさながら新興宗教の教祖のように振舞っていた。
それに嫌気が差した高城らはバスを降りようとする。
医師の鞠川だけは残れと言う紫藤に、平野は銃を向け、一同はバスを降りた。

紫藤、キモイ ( ̄▽ ̄)
平野は緩急のついた良いキャラだなぁ。
にしても、紫藤はこれで出番終わりって感じのキャラじゃないよなぁ。
いずれ再登場するかな?

橋の上で<奴ら>を迎撃する冴子たち。
平野の銃が弾切れになったその時、欄干を飛び越えて孝と麗の乗ったバイクが現れた!

どこのヒーローだ?! (*゚▽゚)ノ

孝は平野に拳銃を渡し、バイクで<奴ら>を跳ね飛ばす。
平野の銃撃、麗の槍術と冴子の剣技で<奴ら>を片付け、一同は再会を果たした。
これからのことを相談する一同に、鞠川が近くに使える部屋があると言う。

それって、アバンの狙撃手のお姉さんの部屋ですね。

しかしその周りにも既に<奴ら>がいた。
孝たちは逃げる為の受身の戦いではなく、安全な場所を確保する為に初めて攻めに出た……!

けいおん!! 18話

文化祭のクラスの出し物の演劇で主役に選ばれてしまった澪。
出し物はロミオとジュリエット!
そしてジュリエット役は相方じゃないと、という意見で律に。
異議を唱える二人だが、和は華麗にスルー。

和さん、何気に酷いです ( ̄▽ ̄)

案の定、恥ずかしがり屋の澪は演技どうこう言う前に声が出ていない。
そして律っちゃん、棒読み (*^-^)
二人は特訓の成果で台詞は覚えられたが、やはり演技が覚束ない。
そんな時、お互いに相手が自分の役をやればいいのに、と言い合ってるうちに、澪は律の演じるロミオを、律は澪の演じるジュリエットを想像することで演技ができるようになっていた!
が、やはり、澪の恥ずかしがりだけは治らず、ムギの知り合いの喫茶店で接客をして人目に慣れる特訓をすることに。

で、メイド喫茶(高級な方)か!
あー、確かにこの手の衣装が平気なのは、さわちゃんのおかげだなぁ (*^-^)

接客も覚束ない澪だったが、ライヴの時はベースもちゃんと弾けているし歌も歌える、ということで追い込まれれば出来るようになると考えた律のスパルタのおかげで接客は完璧になった。
しかし、接客と演技は別物ということで、この特訓は何の意味もないのでした (*゚▽゚)ノ

次回、本番!
楽しみです。

オオカミさんと七人の仲間たち 5話

御伽銀行に風紀委員の吉備津桃子先輩が依頼にやってきた。
依頼内容は最近調子に乗ってやりすぎている鬼ヶ島高校へ乗り込むのにお供をして欲しいというもの。
何か思うところのありそうな頭取はこれをOKする。

て、見た目に反して意外とシビアな世界観だなぁ。
有料人材を輩出する為の、適度にコントロールされた箱庭のような街。
そしてそれを頭取は自覚している、と。

鬼ヶ島高校へ乗り込んだ一行は、分断されながらも生徒会室に辿り着く。
そこで待っていたのは生徒会長、羊飼士狼!

何やら涼子さんとは過去に因縁があるみたいですが……
あんまりシリアスな話にはして欲しくないなぁ。

セキレイ~Pure Engagement~ 5話

高美の制止も振り切り、御中を討つ為出雲荘を飛び出す篝。
皆人は母、高美から篝のことを託される。
篝が焔だと気付いた月海は、皆人に焔を娶るよう命ずる。

ホント、月海は鈍過ぎです。
マスクで顔半分隠してるぐらいで (*^-^)

皆人は純粋に篝を助けたいと思い、彼/彼女を救いにいく決心をする。
一方、焔は御子上配下の廃棄ナンバー、秋津によって足止めされていた。
そこに現れる、比礼のセキレイ、鈿女!
氷峨の命令で焔を捕らえようとする鈿女と秋津が戦闘を繰り広げる傍ら、焔は能力の暴走で己の身を焼き尽くそうとしていた。
続々と葦牙、セキレイが集まってくる中、皆人らも篝の元へと急ぐ……

ストライクウィッチーズ2 4話

バルクホルン&シャーリーお当番回。

堅物のカールスラント軍人であるバルクホルンと自由なリベリアンであるシャーリーは何かにつけいがみ合ってばかり。
そんな時、カールスラントから新型ストライカーの試作機が届く。
その名もジェットストライカー!

まんまなんだけど、どことなくスーパーロボットを思わせるネーミング (*^-^)

バルクホルンがそれを履き、シャーリーと勝負することに。
上昇力、搭載重量、スピードとバルクホルンのジェットストライカーが圧倒する。
しかし、試作機であるジェットストライカーは異常に魔法力を消耗し、バルクホルンは墜落してしまう。
ミーナはバルクホルンの自室待機とジェットストライカーの使用禁止を命ずる。

まぁ、試作機に欠陥は付き物ですからねぇ。

そんなとき現れたネウロイは分離型だった。
スピードの速い、コアのある部分と一騎打ちをするシャーリーだったが苦戦を強いられる。
彼女を救出する為、バルクホルンは命令違反を犯し、ジェットストライカーで出撃する!
圧倒的なスピードと火力でネウロイを撃破したバルクホルンだったが、ジェットストライカーが暴走してしまい、消耗した彼女には止める手立てもなかった。
暴走するジェットストライカーに渾身の魔法力を込めたシャーリーが追いつき、事無きを得たのだった。

シャーリー、レシプロストライカーで音速超えやがった! ∑(゚∇゚|||)

アマガミSS 5話

棚町薫編開始。

2年前のクリスマスイヴ。
待ち合わせをすっぽかされた純一は一人寂しく家路に着こうとしていたところ、薫に出会う。
薫はケーキを買いに行くのに送ってくれと言い、ついでのように純一を家のクリスマスパーティに誘うのだった。

あれ、てことはゲームではこの2年前のクリスマスイヴから分岐が?

そして現在も、薫とは顔を合わせればドツキ漫才のような悪友の関係が続いていた。

て、気絶するほどのパンチかよ、薫さん ∑(゚∇゚|||)

気絶した純一を心配して保健室で付き添っていた薫は、去り際に「放課後、校舎裏に来て」と言い残していった。
意味ありげな呼び出しに、純一はあらぬ妄想を繰り広げる。
しかし、その呼び出しはクラスメイトの恋愛相談の参考意見役として呼ばれただけだった。
帰り道、「告白されるのかと思った」と勘違いを照れながら告げる純一に、薫はドキドキしてしまう。
バイト先のファミレスにやってきた純一の視線を意識してしまって、ミスをしてしまう薫。

ふーん。薫ルートは彼女の方が意識し出す感じで始まるのか。
にしても、純一。ウェイトレスの絶対領域ガン見し過ぎです ( ̄▽ ̄)

ファンタシースターポータブル2 進捗日記その45

ようやくファンタシースターバッヂが90個溜まったので、クロノスケィスと交換しました! ヽ(´▽`)/
これで残りの武器はヤスミノコフだけだけど、ガーディアンズバッヂがまだ半分くらいなんですよねぇ。
いっそMAXⅡ[S]のみ周る部屋とか立てようかな?
……人が集まるかどうかわかりませんケド (^-^;

それにしても今日は、アギト・レプカに邪鞭ウロボロス、モタブの預言書まで手に入ったラッキーな日でした (≧∇≦)
ていうか、モタブの預言書なんか一度に二つも (^-^;
なんだこの運の偏り具合。

現在Lvは175。
ブレイバーがもう少しでLv30になってしまうので、今日からまたフォースで。
フォースで[S]怖いです。
雑魚の一撃が致命傷になりかねない (lll゚Д゚)

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 4話

なんでこんな早いタイミングで総集編回?
まぁ、全編総集編じゃなかったですけど……こういうのがあると制作スケジュールが危ないのかと危惧しちゃいますよねぇ。

バイクで街へ向かう孝と麗。
皆逃げたか、<奴ら>となってそれを追っていったのか、通りがかった街は無人だった。
無人の街でパトカーを見かけて安堵する二人だったが、そのパトカーは事故で潰れ、警官も死亡していた。
死亡した警官から拳銃や警棒、手錠を冷静に抜き取る麗に、孝は驚く。

一方、鞠川校医の運転するバスは渋滞に捕まり、未だ街に辿り着けないでいた。

あぁ、まだ<奴ら>にならずに逃げてる人がこんなにいるんだ。
逆に安心しました。

給油に寄ったガソリンスタンドで、麗が暴漢に襲われる。
彼女を守る為、孝は拳銃の引き金を引いた!
<奴ら>が群がってくるガソリンスタンドに怪我をした暴漢を残し、二人は立ち去る。

うわぁ、これって自分が手を下したわけじゃないけど、実質的に殺してますよねぇ (lll゚Д゚)
暴漢に対して「壊れてんのか?!」と孝が言ってたけど、孝の方も躊躇ない発砲といい、かなり壊れてんじゃないですか?
まぁ、無理もないですけど。

けいおん!! 17話

水道管工事の為、部室が使えなくなってしまった軽音部。
教室や体育館等を渡り歩くが、居場所がない。

まぁ、ある程度、防音設備がないと厳しいですよねぇ。

その日の帰り、澪がスランプで新曲の歌詞がまだ出来ていないことが発覚。
全員がそれぞれ歌詞を作ってみることに。
翌日、練習場所が見つからない軽音部は貸しスタジオを借りる。
ムギがお茶を淹れるが、スタジオ内は飲食禁止の為、外で飲みながら皆が作ってきた歌詞を発表し合うことになった。

自作ポエムを皆の前で発表とか、無理無理 ヾ(´ε`*)ゝ
澪は恥ずかしがりのくせに良く平気だなぁ。

結局、歌詞も決まらず、それで時間を潰した為にろくに練習も出来ず、貸しスタジオを後にする一行。
その帰り道、さわちゃんと出会った一行は、予定より早く工事が終わり部室が使えるようになったことを聞き喜ぶ。
翌日の夜、澪に唯から「風邪ひいた~」という電話がかかってきた。
慌てて駆けつけた軽音部一同だったが、風邪をひいたのは唯の歌詞作りに協力していた憂の方だった。

去年の文化祭前のことがあるから、そりゃ焦りますよね。

憂のことは心配ながらも、唯でなかったことに一安心して帰る一同。
唯は張り切って憂の看病をする。
そして、使えなくなった部室、寝込んでしまった憂、といなくなって初めてその大切さがわかる気持ちを込めた唯の歌詞はとても良い出来に仕上がったのだった。

こういうのも怪我の功名って言うんでしょうかね。

ファンタシースターポータブル2 進捗日記その44

昨日に引き続き、報酬武器出ちゃいました Σ( ̄ロ ̄lll)
デモンズディザスター、しかも光属性60%!
報酬武器の出る確率、1/100とか言われてるのに……死期近いの?

ものすごい贅沢を言えば、光属性のツインセイバーではヒャッカリョウランがあるので他の属性が良かったなー、とか (^-^;

現在Lvは172。

オオカミさんと七人の仲間たち 4話

おつう先輩の危機を救った亮士は、その日から彼女の恩返し攻撃に晒されることになった!

「家に帰ったらメイドさんがいたんス」「それなんてえろげですの?」で吹いた `;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

狭いアパートの一室でメイドさんが至れり尽くせりという健全な男子高校生なら夢のようなシチュエーションも、視線恐怖症の亮士には拷問に近い。

代わってくれ。いや、代わって下さい m(_ _)m
ていうか、おつう先輩のファンの中には、これまでこの習性を悪用しようとする輩はいなかったんでしょうかね?<心が汚れています

そんなとき、おつう先輩が過労で倒れてしまう。
何故そこまで恩返しにこだわるのか、と訝る一同に頭取から説明された彼女の過去。

命を救われてその相手は死んじゃったとか、重過ぎるよ! 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
普通にシリアスで重い理由に、逆にびっくりです。

そんな彼女の為に御伽銀行の面々は一計を案じた。
一同はメイドに扮して、あれやこれやとおつう先輩の世話を焼きまくる。
返せないほどの恩の押し売り!
困る彼女に「仲間なんだから恩を売ったとか恩を返すとか考えなくていいんだ」と諭す一同。
彼らの気持ちが通じ、ほんの少し変わったおつう先輩なのでした。
めでたしめでたし。

セキレイ~Pure Engagement~ 4話

風花姐さん、裸エプロンがダメだったからってそのサンバコスチュームは ( ̄▽ ̄)
そういや前回スルーしちゃってましたけど、普通にお尻映っちゃってましたよね。
お風呂では湯気で隠すのに、相変わらず基準がわかりません (*^-^)

いよいよ本格化する鶺鴒計画を前に、出雲荘を出て行こうとする鈿女。
皆人のことが気になりイラつく篝。

て、皆人、頭良かったんだ!? Σ( ̄ロ ̄lll)
それで二浪もするなんて、ホント松の言う通り本番に弱過ぎです。

全ての葦牙の元に、御中からのメールが届く。
その内容は「羽化前最後の一羽が北エリアにいる」という葦牙たちを煽るものだった。
その最後の一羽、篝こと焔は皆人に反応して自分の身体が女性化していくことを疎ましく思っていた。
廊下での接触で皆人の手が膨らんだ胸に当たり、キスしてしまいそうになる篝。
しかしギリギリのところで自制した篝は皆人を焼こうとするが、それは月海によって阻止された。
頭が冷えた篝は、殺すべきなのは御中だと、MBIに討ち入る覚悟をする。

ファンタシースターポータブル2 進捗日記その43

ようやくリトルウィングバッヂが90個溜まったのでガイアクラッシュと交換しました! ヽ(´▽`)/
あとはクロノスとヤスミノコフです。

それと、クライアントオーダーも全て完遂しました。
最後に残ってたのが「ダルク・ファキス最終形態、ダーク・ファルス第一形態、オルガ・アンゲルスを2体ずつ撃破。ミッション難易度はS」というやつで、それを受けてMAX[S]をやってるうちに達成してしまいました (*^-^)

今日はレベルの高めなメンバーが揃っていたので、Ⅲでヘルガに挑戦したのですが、倒してボスワープのときまさかの回線落ち (;д;)
また改めて倒しに行かなきゃ……

でも、その後やり直したⅢで[S]では初めての報酬武器、ラヴィス・ブレイドが手に入ったので、気持ち的には帳消しでお釣りがくるかな。

現在Lvは171。
あ、[S]は生存率の一番高そうなブレイバーでやってます (^-^;

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

Twitter

最近読んだ本

無料ブログはココログ