2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« アマガミSS 7話 | トップページ | セキレイ~Pure Engagement~ 7話 »

ストライクウィッチーズ2 6話

エイラ&サーニャお当番回。

今回出現したネウロイは高い塔状の形態をしており、コアはその天辺、3万メートルの上空にあった。
それはストライカーの限界高度1万メートルを遥かに超える高さ。
空気もなくマイナス70度の死の世界。
しかしウィッチに不可能はない。
坂本はロケットブースターを用いて高度3万メートルまで攻撃役を打ち上げる作戦を立案した。
攻撃役には最も攻撃力の高いロケットランチャーを装備するサーニャ、彼女を護衛する防御役にはシールド出力の最も高い芳佳が指名される。
サーニャを自分で守りたいエイラは面白くない。
しかし、未来予知のおかげで実戦でシールドを張ったことがないエイラは今回の作戦には不向きだと却下されてしまった。

エイラはサーニャ大好きですもんねぇ。

諦められないエイラは、芳佳と仲の悪い(ように見える)ペリーヌに協力を要請して、シールドを張る特訓をすることに。
その特訓とは、ペリーヌをサーニャだと思って、リーネの狙撃からシールドを張って守ること!
しかし、エイラはついつい避けてしまい、全くシールドを張ることができないのだった。

苦手だというサウナで相談受けて、特訓まで実践してやるペリーヌは、ツンケンしてるくせに付き合い良いなぁ。
ツンデレツンデレ (*´д`*)

結局無理だと諦めてしまうエイラ。
諦めたら終わりだと言うサーニャと喧嘩してしまう。
そうしているうちに作戦決行日となった。
作戦は、5人からなる一段ブースターが1万メートルまで、3人からなる二段ブースターが2万メートルまで、サーニャと芳佳を運び、その後二人が3万メートルまで昇りネウロイを迎撃するというもの。

おぉ、やっぱロケットは三段式ですよね (*^-^)

二段目にいたエイラは、やはり諦めきれず、魔法力が尽きたロケットブースターで三段目の二人を追いかける。
それを芳佳が救い上げ、サーニャと二人で3万メートルまで連れて行き、後をエイラとサーニャに託して降下していった。
二人をネウロイからのレーザー攻撃が襲う!
それをエイラは、初めて意識的にシールドを張ることによってサーニャを守るのだった。
そしてサーニャのロケットランチャーが火を噴き、ネウロイのコアを撃破した。

ここの、真空だから音がない戦闘シーンを二人の挿入歌で埋める演出はとても綺麗だったと思います (≧∇≦)

« アマガミSS 7話 | トップページ | セキレイ~Pure Engagement~ 7話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194245/36304172

この記事へのトラックバック一覧です: ストライクウィッチーズ2 6話:

« アマガミSS 7話 | トップページ | セキレイ~Pure Engagement~ 7話 »

Twitter

最近読んだ本

無料ブログはココログ