2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« アマガミSS 3話 | トップページ | あそびにいくヨ! 1話 »

アマガミSS 4話

ストパン2と時間が被ったので久々の深夜リアルタイム視聴。

梨穂子と美也の買い物に付き合わされていた純一は、偶然クレーンゲームをしている森島先輩を見かける。
そのまま二人でゲーセンで遊ぶことになり、相性診断をするが結果は30%。
くやしがる森島先輩はもう一度やろうと言い出し、イニシャルをL.Hと入れ直すと結果は95%となった。
喜ぶ森島先輩。
実は彼女はクォーターで、本名は森島・ラヴリー・はるかだったのだ。

あー、確かに目青いですけど、二次元的には何色もありだから考えもしなかった (*^-^)

帰り道、公園で一年前にここで彼女に会っていたことを告白する純一。
そのときの会話で落ち込んでいた自分が元気付けられたこと、そしてもう一度元気付けて欲しいと、クリスマスイヴにデートに誘う。
しかし、毎年イギリスからおじいちゃんたちが来て家族でパーティをしているから、と断られてしまう。
落胆する純一に、彼女はそのパーティに招待する。

そしてクリスマスイヴ。
遅刻して走ってきた純一を、汗を流していきましょう、とホテルのプールに連れて行く森島先輩。
ひとしきり遊んで、パーティの為の部屋へ行くエレベーターの中で、実はおじいちゃんたちは来られなくなっちゃって、両親も家、だから二人きりだと聞かされ狼狽する純一。
そんな彼の気も知らぬげにホテルの部屋を見てはしゃぐ森島先輩。
「覗いちゃダメよ」と言い残してお風呂に入ってしまう。
一人残され悶々とする純一。
突然明かりが消え、そこにはバスタオル一枚の姿の森島先輩が立っていた。
「どうして覗きに来ないの!?」

えー!? 何度目かわからないけど、これなんてえろg(ry

「キミに諦められちゃったのかと不安で……」と自らの心情を吐露するはるか。
想いを確かめ合った二人はそっとキスをした。

――そして10年後。
10年後!? `;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!
結婚してラブラブな二人の姿があった。

あー、ゲームのエンディングがこういう感じなのかな。
さて次回から二人目のヒロイン、悪友属性の棚町薫編が始まります。

« アマガミSS 3話 | トップページ | あそびにいくヨ! 1話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194245/35859556

この記事へのトラックバック一覧です: アマガミSS 4話:

« アマガミSS 3話 | トップページ | あそびにいくヨ! 1話 »

Twitter

最近読んだ本

無料ブログはココログ