2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« みつどもえ 1話 | トップページ | 世紀末オカルト学院 1話 »

オオカミさんと七人の仲間たち 1話

依頼を受けてそれを解決し、必要な時にその借りを返させる、という部活、御伽学園学生相互扶助協会・通称「御伽銀行」に所属する凶暴で胸が残念な女子高生、大神涼子は、視線恐怖症で周囲に違和感なく溶け込むマタギ能力を持つ同級生、森野亮士から告白された。
一蹴する涼子だったが、ちょうど男手が欲しかった御伽銀行が彼の能力に目をつけ、スカウトする。
彼の適正を見るため、依頼を一人で遂行させるが、視線恐怖症の亮士は失敗ばかり。
それでも最後には何とか依頼を成功させ、涼子にも認められた亮士は晴れて御伽銀行の一員となるのだった。

初っ端からシャワーに銭湯とは、サービス満点ですね。
胸が残念ですけど。いや、むしろ残念な胸が良いのでこれからもお願いします (*´д`*)

それにしても声優が、超電磁砲とかシャナとかと被りまくってて笑った。
ナレーション、里美っこだし。
作画はさすがにJ.C.STAFF、安定ですね。
これは視聴確定で良いかな。

« みつどもえ 1話 | トップページ | 世紀末オカルト学院 1話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194245/35775683

この記事へのトラックバック一覧です: オオカミさんと七人の仲間たち 1話:

« みつどもえ 1話 | トップページ | 世紀末オカルト学院 1話 »

Twitter

最近読んだ本

無料ブログはココログ