2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 夏のあらし! ~春夏冬中~ 13話(完) | トップページ | WHITE ALBUM 26話(完) »

アスラクライン2 26話(完)

塔貴也の鋼vs智春の黑鐵改、氷羽子&シャーリーvs奏&ペルセフォネで展開される戦い。
黑鐵と白銀の寄せ集めである黑鐵改は、完成された機巧魔神<アスラマキーナ>である鋼に圧倒される。
危機に陥る智春を救ったのは、朱浬の放ったミサイルの弾幕だった!
予想通り、朱浬さん、おいしいところで復活してきましたね。

どさくさで奪われる因果律制御装置<イグナイター>。
<イグナイター>を取り込んだ鋼で、彼らに構わず三巡目の扉を開こうとする塔貴也。
操られた3体の機巧魔神を朱浬らが引き付ける間、智春は塔貴也の前に立ちはだかる。
シャーリーと合体して氷の翼を生やす鋼。
黑鐵改もペルセフォネと合体し炎をその身に纏う!
繰り広げられる激戦。BGMに1期のOP「Spiral」がかかって燃え燃えです。
渾身の魔力で巨大な氷球を撃ち出す鋼。
それに対して、智春と奏はその手を重ね焔月を呼び出す。
白銀の刃と炎刃の二刀流! その構えは秋希のものだった。
十文字に切り裂かれる鋼。

智春は塔貴也に告げる。「世界の終わりは非在化じゃない。僕らが世界を見捨てることなんだ」と。
冬琉の告白。秋希がいる限り塔貴也がこちらを見てくれないとわかっていた彼女は、秋希が死ぬと知っていながら黑鐵を使ったのだと。
嘆く冬琉に、智春は過去の話ではなく今の選択を問いかける。
塔貴也といたい、と言う冬琉に応えて、黑鐵改が空間制御能力を使い副葬処女<ベリアルドール>である冬琉の肉体を引きずり出す!
えぇー?! そんなのアリ?

取り戻した<イグナイター>に、智春の二巡目の世界を存続させたいという意思が働いて、異世界の門は閉じられ二巡目の非在化も元に戻る。
一巡目の世界との繋がりも断ち切られた為、機巧魔神や<セントラル・ボーテックス>を始めとする一巡目の遺物が消滅していく中、ニアの案内で智春たちはある装置の前に連れてこられる。
それは一巡目でニアが完成させた分離装置<スプリッター>!
操緒と、翠晶の副葬処女、姫笹の分離が始まった……
ていうか、魔神相剋者<アスラクライン>の魔力なら動かせるって、加賀篝も魔神相剋者でしたよねぇ?
あの<スプリッター>が不完全だったってことなんでしょうか?
あと、姫笹さん、最後まで生き残ったおかげで役得でしたね (*^-^)

戻ってきた日常。智春は操、奏と登校する。
智春に差し出される二つの手。「トモはどちらを選びますか?」
って、選べないのかよ?! 「嵩月が好きだ!」まで言っておいて、操緒が復活したら選べないって、それは優柔不断というよりもはや二股ですよ、智春くん?

総評(A~Eの5段階に±を加味):
ストーリーはほぼ申し分なし。
作画はキャラの顔が酷いくらいにへたれることが多々あったので、もうちょっと頑張ってほしかったなぁ。
まぁ、劇場版なのはも並行して作ってるであろうセブンアークスにそれを求めるのは酷か。
機巧魔神同士の戦闘なんかはさすがにCGだけあって崩れはないし、大迫力で満足でした。
そんな感じで、A-ランクかな。

« 夏のあらし! ~春夏冬中~ 13話(完) | トップページ | WHITE ALBUM 26話(完) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194245/32782566

この記事へのトラックバック一覧です: アスラクライン2 26話(完):

« 夏のあらし! ~春夏冬中~ 13話(完) | トップページ | WHITE ALBUM 26話(完) »

Twitter

最近読んだ本

無料ブログはココログ