2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 11eyes 10話 | トップページ | NEEDLESS 24話(完) »

うみねこのなく頃に 24話

朱志香と譲治の戦う姿を見て、運命に抗う決意をする嘉音と紗音。
嘉音の魔力の刃で鉄格子を切断し、一同は脱獄する。
ここ、原作だと山羊の皆さんに追いかけられて応戦したりといった逃避行の様子が描かれてるんですけど、尺の都合でカットですね。
蔵臼伯父さんの見せ場があったりもするんですが (^-^;

追い詰められていたかに見えたガァプとロノウェだが、必殺の一撃を放った朱志香と譲治を空間操作で相打ちさせる。
そう、ピンチに見えたのは単なる演技!

ロノウェは死亡した朱志香に3分間だけ時間を与える。
朱志香は戦人に電話をかけ、「間違うな。敵は魔法を使う悪魔だ」と言い残し事切れる。

地下牢から脱獄した一同は屋敷の裏手の古井戸から地上に出た。
そこを襲うシエスタ姉妹の黄金の矢!
一人逃げ延びた霧江は戦人に電話をかけ、「魔法や魔女を見ても疑うな。そういうものだと受け入れろ」と忠告を残し打ち抜かれる。

テストは戦人と真里亞の番となった。
戦人の試験官はベアトリーチェ。
テスト内容の、愛する者の名が空欄となっているので、「ここにお前の名前を入れて、それを選んでやるぜ」と嘯く戦人。
戦人の愛する者がわからない為、ベアトリーチェはテストを変更する。「六年前の罪を思い出し懺悔せよ」と。
ここ、原作だと、ゲーム盤の外の世界でベアトが「六年前のそなたの罪が引き金となってこの惨劇が起こった」と赤で宣言するんですけど、アニメ版、赤で言わなかったのは後々に響かないかなぁ。

しかし、戦人には心当たりがない。
思い出せない戦人に、ベアトはゲームを放棄しようとする。
それは戦人の勝ちではない。ただゲームは放置され忘れ去られるのみ。
そんなことは許さないと言う戦人にベアトは、ならばと対戦者たる資格を問う。「右代宮金蔵の孫である右代宮戦人を対戦者としてこのゲームを開催した」と。
ベアトは赤で復唱要求する。「右代宮戦人の母は右代宮明日夢である」
赤で復唱する戦人。
だが、「そなたは右代宮明日夢から生まれた」という復唱要求に赤で復唱できない戦人。
ここも原作では、とどめにベアトが赤で「そなたは右代宮明日夢から生まれていない」と宣言してるんですけど。
自分が母の実の子でないことに苦悩し姿を消す戦人。
ゲームの行方は如何に……

« 11eyes 10話 | トップページ | NEEDLESS 24話(完) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194245/32583646

この記事へのトラックバック一覧です: うみねこのなく頃に 24話:

» (アニメ感想) うみねこのなく頃に 第24話 「EpisodeIV-VI adjourn」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
TVアニメ「うみねこのなく頃に」コレクターズエディションNote.03 [DVD]クチコミを見る 舞台は再び1986年の六軒島へ。金蔵の課したテストにより、朱志香はロノウェと、譲治はガァプとのバトルを繰り広げていた。一方、隙を見て地下牢を脱出した蔵臼たち一行は、シエスタ姉妹...... [続きを読む]

« 11eyes 10話 | トップページ | NEEDLESS 24話(完) »

Twitter

最近読んだ本

無料ブログはココログ