2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 12話(完) | トップページ | 聖剣の刀鍛冶 12話(完) »

11eyes 12話(完)

先週のアレは全てアイオンの眼による未来視でした。
って、えぇー?! そんなのアリ? Σ( ̄ロ ̄lll)
すげぇバッドエンドを期待してたのに。

虚無の欠片が欠けた今、リーゼロッテの願いを叶える為にはアイオンの眼が必要不可欠。
それを知った駆は自刃する!

走馬灯の中、駆はずっとゆかに支えてもらっていたことに気付く。
目覚める駆。
間一髪、ゆかの力で雷切は消え、駆は助かったのだ。
って、完全に喉を貫通してましたけど、コレも未来視だった?

栞の説明によると、全ての世界で菊理に奈落堕としの真実を話したところ、自害を選んだのだと言う。
欠片を持つ菊理には聖霊アブラクサスがついており、それが駆も殺した。
あぁ、これが第1話のアレですね。
しかし他の世界の菊理にはアブラクサスがおらず、自らの手で駆を殺すことが出来なかった。
アイオンの眼の持ち主の駆は、既にゆかの世界に呼び寄せられていた為、無事だった、と。
このへん、ちょっとアニメで説明聞いただけだと無駄に複雑な感じになっちゃいますね。

ゆかと共に生きていくことを改めて決意した駆は、自害を選ばず魔女と対峙する。
その危機を救ったのは黒騎士たちだった。
戦いの中、栞は倒れ、アブラクサスも消滅する。
栞が人形だったのは驚きでしたけど、これもゲームで栞ルートに入らないとアニメではあんまり意味ない設定ですね。
栞の遺した欠片とアイオンの眼の力によって、アワリティアごとリーゼロッテを封印することに成功する。
主を喪い崩壊する赤い夜。
草壁操(スペルヴィア)が駆とゆか、美鈴を赤い夜から現世に帰した……

帰ってきた世界では、賢久も雪子も彩子も生きていた。
これが誰の世界かはわからない。
って、えー?! ちょっと都合良過ぎるような。
でも、最後に、今までの全てがアイオンの眼による未来視だったかもしれないようなことを匂わせていたので、締め方としては良い感じだったと思います。

総評(A~Eの5段階に±を加味):
正直最初は「ぼくのかんがえたおんみょうどう」とか「ぼくのかんがえたほろびたおうこく」とかの設定が恥ずかしくて斜めに観てましたけど、中盤、ゆかのヤンデレ覚醒あたりから面白くなってきました。
上では文句言ってますけど、11話が全部未来視だったとか、設定を活かした意外性のある良い演出だったと思いますし。
エロゲ原作アニメとしては破格の評価、Bランクです。

« 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 12話(完) | トップページ | 聖剣の刀鍛冶 12話(完) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194245/32713423

この記事へのトラックバック一覧です: 11eyes 12話(完):

« 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 12話(完) | トップページ | 聖剣の刀鍛冶 12話(完) »

Twitter

最近読んだ本

無料ブログはココログ