2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 僕の小規模な奇跡 | トップページ | 11月19日のココロ日記(BlogPet) »

アスラクライン2 20話

GDに拘束される智春たち。
そこを仮面の女が襲撃し、ニアがさらわれる。
ていうか、はる奈さん、魔力無効の元演操者相手にその脅しは何の意味もないですよ?

仮面の女の正体、元演操者であることと髪の色から冬琉会長を疑ってはいたんですよね。
あの爆破偽装で疑いは決定的になりました。
それを考えると炫部長もグルだと容易に想像がつきます。
まぁ、今更言っても後出しじゃんけんですケド (^-^;

人質交換の交渉は決裂し、冬琉の冬櫻が白銀の胸を切り裂く!
朱浬(姉)さん消滅?!
そして追い詰められた智春を救出に、直貴(一巡目の智春)と鋼が姿を現す。

直貴の目的は異世界間の移動を可能にする超弦重力炉(セントラルヴォーテックス)の破壊?
それが消滅しつつある一巡目の世界を救うのにどう関係するのかは、直貴の死で永遠に謎になってしまいましたけど……

うわぁっ、朱浬さんも死亡?!

全ての黒幕は氷羽子の契約者でもある炫部長。
この企みは完成形の機巧魔神、鋼と発火装置(イグナイター)を手に入れる為?
魔神相剋者(アスラクライン)となった彼の目的は、愛する者のいなくなったこの二巡目の世界に見切りをつけ、三巡目の世界を始めること!

その目的は非常に理解できますけど、彼はいつからこの計画を立てていたんでしょう?
引き篭もっていた当時からだとすると、冬琉会長が彼を引っ張り出そうとしていたことと矛盾するような気がしますし、引き篭もりから引きずり出されてからの計画だとしたら随分と手際が良すぎるというか展開が早いような気がするんですよね。
原作から、間のエピソード、端折られてるんでしょうか?

« 僕の小規模な奇跡 | トップページ | 11月19日のココロ日記(BlogPet) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194245/32265216

この記事へのトラックバック一覧です: アスラクライン2 20話:

« 僕の小規模な奇跡 | トップページ | 11月19日のココロ日記(BlogPet) »

Twitter

最近読んだ本

無料ブログはココログ