2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 涼宮ハルヒの憂鬱 13話 | トップページ | うみねこのなく頃に Episode 2 »

うみねこのなく頃に Episode 1

アニメが始まる前に原作1話をプレイしました。<無駄なトコだけ勤勉ですね
以下、ネタバレです。ていうか、「ひぐらしのなく頃に」のネタバレまで含みますのでご注意を。

舞台は嵐の孤島という典型的なクローズドサークルでいかにもミステリっぽく見えますが、「ひぐらし」をミステリだと信じて一所懸命推理してきたらファンタジー要素ありで肩透かしを食らったという前例があるので、今回は正直「はいはい。魔女魔女」で流して推理するつもりもなかったのですよ。
でも読んでるとつい、いろいろ考えちゃいますね。
でもまぁ、今回は最初からベアトリーチェという魔女がいて(ベルンカステル卿は「人間ではなくルールの擬人化」みたいなことを言ってましたが)時間を巻き戻すループモノであり、繰り返しの中で隠されたルールを探し出し惨劇を回避する方法を探るゲームだ、ということがわかってるだけマシかなぁ。
「ひぐらし」ではそれが理解されなくて散々叩かれましたからねぇ (*^-^)

さて、単刀直入に犯人の目星ですが、ベアトリーチェ=19人目が存在すると思ってます。
これは物語をループさせる「ルール」としての魔女ベアトリーチェではなく、登場人物18人以外の犯人を「ベアトリーチェ」と呼称するという意味で、魔法が使えるかどうかはこの際考えていません。
理由を簡単に説明しましょう。
まず18人の中に犯人がいると仮定してみます。
最初の殺人、6人の生贄のうち、顔のわかる状態の蔵臼、紗音は除外されます。
殺人後に顔を潰すのは、猛烈な憎悪か、でなければ死体の身元を偽る為です。
そういう意味で、顔が完全に潰されて判別できない留弗夫、霧江、楼座、郷田の4人(もしくはそのいずれか)が、身代わり死体を用意しておき、最初の犠牲者となることで身を隠し、以降の犯行に及んだという推理が成り立ちます。
しかしここで「チェス盤をひっくり返す」。
最終的に誰一人として生き残らなかったことがわかっているので、もしこの4人のいずれかが犯人の場合、そのまま雲隠れしたことになります。
しかし、留弗夫、楼座はそれぞれ訴訟や連帯保証人といった問題を抱えていたとはいえ金で片がつく問題ですので、行方をくらますよりは全員を殺しつくした後何食わぬ顔で生き残りとして右代宮の財産を相続するほうがずっと良いわけです。
霧江は留弗夫に準じ、郷田に至っては事件を起こす動機がない。
勿論、これはこれ以上隠された事情がないと仮定した場合の話ですが、現時点ではそう考えるしかありません。
第2、第3、第4の殺人の犠牲者である絵羽、秀吉、金蔵、嘉音は本人と確認できるので除外。
第5の殺人の犠牲者である源次、南條、熊沢も顔がわからない状態ですが、郷田と同様動機がない。
郷田、源次、南條、熊沢の4人(もしくはそのいずれか)が共謀して、未だ明かされていない動機(例えば、魔女ベアトリーチェの復活を本気で目論んでいたとか)で事件を起こしたという推理も成り立ちますが、現時点では判断できないので除外。
第6の夏妃及び残った朱志香、譲治、戦人ですが、源次たちを殺すのは不可能。
最後に真里亞は肉体的に犯行が不可能。勿論、魔法が使えるなら話は別ですが ( ̄ー ̄)
ということで、現時点では誰一人残らないので19人目の存在を認めるしかない、という感じです。

次に殺害方法、密室について。
第1の倉庫は密室などとは呼べないですし、殺害にしても右代宮の4人についてはお茶に眠り薬を入れるなどの方法を使えば1人でも犯行は可能ですし、紗音、郷田も1人ずつなら殺せるでしょう。
第2の密室ですが、チェーンがあるから完全な密室みたいなことを言われてますけど、例えば一般家屋のドアチェーン程度なら手を差し入れる隙間があれば簡単に外からかけられるんですよね。
それでなくとも古典的に糸を使うとかいくらでもやりようはあります。
……ただ、クリア後出現するTipsに「煉獄の七杭」の項目があって、これが本当なら「はいはい。魔法魔法」という他ないんですケド (^-^;
しかし、このTipsやCharactersはどうやら真里亞が書いてるようなので(ラストの、ビンに入った真里亞のノートからの情報ということ?)信憑性は低いと思っています。
金蔵が部屋から消失したのは作中で戦人も推理しているように方法は幾らでもあると思いますし、終盤、金蔵の書斎に立て篭もったときに出現した手紙を置いたのは真里亞でしょう。
真里亞は最初から最後まで「ベアトリーチェ」のメッセンジャーだった、犯人ではないが協力者だったということです。
ただ、そうすると、ラストの、ビンに入った真里亞のノートの「どうかこの事件を解決してください。それだけがわたしの望みです」というアレがわからなくなるんだよなぁ。
ぶっちゃけ、「ひぐらし」をリピートしたかったんだとは思いますが、それでも一応何らかの正当な理由がないと書けませんし……

まぁ、とりあえず現時点ではこんなことを考えてました。
隠された「ルール」についてはまだ全然なので、とりあえず読み進めて情報を得ていくしかないですね。

« 涼宮ハルヒの憂鬱 13話 | トップページ | うみねこのなく頃に Episode 2 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194245/30366652

この記事へのトラックバック一覧です: うみねこのなく頃に Episode 1:

« 涼宮ハルヒの憂鬱 13話 | トップページ | うみねこのなく頃に Episode 2 »

Twitter

最近読んだ本

無料ブログはココログ