2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 自立支援 | トップページ | 懺・さよなら絶望先生 2話 »

ティアーズ・トゥ・ティアラ 15話

アヴァロンに攻め込もうというガイウスの兵力が整う前に奇襲をかけようとする一行。
しかし、神の重力「グラビタス」によって妖精族の力は削られ、退路を塞がれた上で生ける死者たちの待ち伏せを受ける。

そこで、オガムが魔法で倒せるっていうのに、アロウンがわざわざ我が身を削ってまで「カンディド」を発動させる意味はあったんでしょうか?

神聖魔法で白い姿に戻ったアロウン。
やっぱりアロウンは元13人目の精霊ですよね。

その姿に父の仇である白き精霊を見、アロウンに刃を向けるアルサル。
誓約は確かにゲール族にとっては大切なものですけど、それにしてもアルサルの様子はおかしかった。
あの父の仇の白き精霊は「アロウン」と名乗ってましたけどあきらかに声が違うし、将来のことを見越してアルサルに何らかの暗示をかけていたんでしょうか?

にしても、アロウンもこうなることをわかった上で、敢えて「カンディド」を使ったみたいだったし、ちょっとストーリー展開が強引過ぎて、何を考えてるのかわかりません。

« 自立支援 | トップページ | 懺・さよなら絶望先生 2話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194245/30528661

この記事へのトラックバック一覧です: ティアーズ・トゥ・ティアラ 15話:

« 自立支援 | トップページ | 懺・さよなら絶望先生 2話 »

Twitter

最近読んだ本

無料ブログはココログ